こころあそびの記

日常に小さな感動を

眩しい朝に


 「今日も暑くなります。熱中症に気をつけて過ごしましょう」と連呼するテレビに目と耳を貸さなければ、夏の朝は美しいものです。
 光がどの季節よりも多いから、朝の空も山も輝いて見えます。
 さぁ、今日もがんばろうという気を削がないでほしいなぁ。
 気持ちいいです。と伝えたら、人は、そうなんだと思い込むものですから。どうか、人に優しい報道をと願います。
 それでなくとも、この2、3年、人の心は緊張を余儀なくされているのです。さらに追い討ちをかけたら、どんな事態になることか。
 自衛手段はマスコミを絶つことです。こころの治療法です。自由でよいのです。自由に好きなことしましょう。

 というわけで、いつものことながら、またまた興味あるところへ遊びに行ってきました。

 今回のお目当ては、俳人坪内稔典先生に拝顔することです。
 産経新聞の連載エッセイのファンをきどっていましたが、ある時、箕面で「ことばカフェ」が開催されると載りました。
 これは、是非とも参加したいと申し出たら、了解をいただいたというわけです。
 厚かましいことです。

 白髪の先生のお召し物はトレードマークのカバが書かれた黒地のTシャツでしたので、緊張は直ぐに解けました。


 初回ということで、「名前」の話から始まりました。
 紹介で終わらないところが、「言葉」に拘る方々です。
 ミーハーの私をくすぐったのは、先生が幼い頃の話です。
 「稔典くん。(典という字を指して)君は将来、言葉に関わる仕事に付けばうまく行くよ」と担任の先生に云われたことがあるそうで、子供心に引っかかって今に至ったとおっしゃっていました。

 日頃、この子にどんな言葉をかけてやればいいかと思うものですが、つい目先のことをアドバイスしてしまうものです。
 でも、本当は、ずっと先に自分で道を選択するときの道標を、そっとしのばせて持たせてやる言葉がその子を生かせるのだと、感激してメモを取りました。

 茨木のり子さんの詩がたたき台でした。
 ほぼ同じ時代を生きた田辺聖子さんとはこんなに違うのかという思いがしました。
 同じ時代の空気を吸っても、生育環境が大きな違いを生むことを知らしめています。
 田辺聖子さんは文系お嬢さん。片や、茨木のり子さんは理系女史。
 世の中の見方もこんなに違うのですね。
 
 とことん美しいものに憧れる理系と、限りない優しさを表現する文系。
 才能ある人というのは、自分を開花させる執念があると言い換えることができるように思います。
 でもね、”どっちつかず“もいいものですよ。ええなぁと思う気持ちだけで、満たされてしまうキャパもええなぁと思うわけです。

キュンキュン♡

 みんながうすうす感じていた通り、梅雨が明けてしまいました。
 熱風が南から入って家中を吹き抜けていきます。うつらうつらしていたら、浜辺でお昼寝しているような感覚になりました。
 長い夏になりますから、無理せず自分にあった方法で過ごしましょう。


 さてさて、『チムドンドンはえらいことになっています。
 なるほど、こういう演じ方を期待して、宮沢氷魚さんの出演が決まったのだと腑に落ちた朝でした。
 彼がブレイクしたのは二年前の『偽装不倫』からです。
 あの時のあの感じを思い出しました。
 彼にしか表現できない、特有の持ち味であるミステリアスな雰囲気が朝に見られるなんて思ってもみませんでした。
 ラッキーな朝。氷魚さんデザインのTシャツを買ったことを思い出しましたが、どこへしまい込んだのやら。着るとしたら今日明日なのにと、心ここにあらずです。

 ところで、実は私は惚れっぽくていけません。
 中学生のとき、保護者の個人懇談から帰ってきた母が言うには、「男を見る目はある」とだけいわれたと呆れていたことを思い出します。
 当時の意中の人は、一学年上の野球部の人でした。多分、中学時分はその人ひとりで通したはずです。
 その後はぴゅんぴゅん転戦して、叶わぬ恋ばかり多い人生を生きてきました。

 でもね、そのときそのときのキュンキュンという気持ちが胸の中にあることが財産なのだと、この年齢になってつくづく思えます。
 人は味わったことのない味は分からない。
 百を知っていても、一つのキュンも持たないなら、それは味わいのない人生ではないかと恋に恋する人なら思うでしょう。
 キュンキュン生きてきたことは、この上ない幸せなことでした。手前勝手を申しまして、被害者のみんな、ごめんなさいね。
 

 何はともあれ、明日からの『チムドンドン』が楽しみです。

ミナミは元気です!

芋たこなんきん』の会話に「上六」が出てきました。
 通称「上六」は上本町六丁目のことです。
 昔は、市電が上町筋を走っていて、上六からまっすぐに南下すると、四天王寺さんにぶち当たるので、線路はお寺の壁に沿って右に急カーブ。幼い頃はその意味が分からずに、電車の揺れに身を任せたものです。
 

 さて、先日、「いくたまさん」の記述を生魂神社と書いてしまいました。
 正しくは生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)と云うそうです。
 神武天皇が九州から難波津にお着きになったときの創祀という、ありがたい神社です。
 上町台地の西の端ががこの地であったことを想像すると、当時の茅渟の海の大きさが忍ばれます。先日、松屋町筋に向かって大きな段差があったわけもよく分かりました。
 実際、大阪は古くから、美しい夕日が見られることで有名でした。夕陽丘(ゆうひがおか)という地名がこの近辺に残っているくらいです。
 今では、海が後退したおかげで、町中から海に沈む夕日を見られなくなったことは、残念なことです。
 

 大阪話の続きに、難波を紹介したいと思います。
 高島屋の前の、今まさに選挙カーに乗っ取られ気味の広い横断歩道を渡って、戎橋商店街に入らず、南海通りに入っていくと、そこは千日前につながる繁華街です。
 昔の映画に出てきそうな、という説明は無用になって、観光客が喜んで足を運ぶ場所になっています。

 しばらく行くと、右にグランド花月が見える四つ辻があります。昔は左に大劇があったので、そちらが歓楽街の中心だったのに。
 大阪の中心がキタに奪われて、一時、閑古鳥が鳴いたミナミですが、しかし、地力のある場所ですから、今では大阪観光の目玉です。
 「一時間だけの吉本新喜劇観ていきませんか?」という呼び込みの声が、いかにも時間に余裕のない観光客に受けそうで、その商売上手ぶりに感心したことです。
 また、その向かい側では、よしもとのキャラクターカステラが売られています。
 次に通るときには、きっと買ってしまいそうな、「しげじいカステラ」。話のねたには最高です。


 カステラの匂いにも、お兄さんの誘いにも負けずに通り過ぎて、「道具屋筋」に入っていきますと、懐かしい看板屋さんの電飾や、思わず食べてしまいそうな食品見本が、昔と変わらずにありました。
 変わって栄えるのもうれしいですが、昔の雰囲気のままで楽しませてくれる商店街も郷愁を誘います。

 二本目だったでしょうか、左に曲がると、なにやら行列です。それも、右側がいっぱいになって、左側に続いているのです。
 ひょっとして、この角は昔から、よしもとの楽屋に人気だった「千とせ」というおうどんやさんではありませんか?
 あんな小さな店だから、てっきり消滅したかと思っていたのですが、どっこい大人気。
 SNSの力でしょうね。若い芸人さんの発信力の大きさを見せつけられるミナミです。

 以上、なんばの変遷の一端でした。

海のはたらき

 関東ではフェーン現象も伴い大変な暑さになっているようですが、大阪は昨日、今日と凌ぎやすい日が続いています。
 それは、一に”風”のお陰です。
 緑陰に風が吹き抜ける公園が近くにあることをありがたく感じています。

 風は気を拡散してしまうもの。といえば、何か大切なものまで消えてしまいそうですが、片や良い風が吹くといえば、元気になれる象徴です。
 風は天候を読むだけでなく、古来、人々に”気“の情報を伝える大切な要素だったから、風水という学問が成り立ったのでしょう。

 その“風”は、最近では再生可能エネルギーとして脚光を浴びるようになりました。
 風水という目に見えないものの働きを知ろうとしたのは古代人。現代人はそれを捉えて利用しようとしています。そんな大それたことと昔の人なら言うかもしれませんが、エネルギー不足の現状打破のためには、そんなこと云ってられません。
 
 それも含めて研究する学問が「海洋システム工学」ということを昨日、教わりました。

 

 公開講座第4回は『海洋の生物多様性と生態系サービス』というテーマで、中谷直樹教授がお話くださいました。

 私の父の親は淡路島出身でしたから、うんと幼かった頃は、淡路島に預けられていたというか、避暑させてもらっていました。
 井戸を覗き込む感覚とか、タコはどんなふうに動くかなど町の子ならではの発見がありました。
 おかげで、弱っちい体も丈夫になりました。
 少し大きくなった小学生の頃は、当時、父が勤めていた会社の「海の家」が、福井県若狭和田にありましたので、夏休みはそちらに逗留していました。
 近くにあった豚小屋に毎日のように行っては、鼻をつまんで、恐る恐るその臭いを嗅いだものです。
 
 私にとって海はいつも夏の友達でした。


 海は広いな大きいな♪ですから、とてつもなく大きいのかというところから、講義が始まりました。
 確かに表面積からみると大きいようですが、体積に換算すると地球体積の0.7%にすぎないとは驚きでした。

 今問題の二酸化炭素を固定してくれているのは海水の大きな働きです。
 そして、海で泳ぐとき足に絡まって邪魔者扱いしていた海藻類がそれ以上に大きな働きをしていることは初耳でした。炭素の固定に大活躍してくれている植物に、アマモ類、アシ、ヨシ類、マングローブがあるそうです。
 彼らは、死んでも分解されず、海底に堆積されて炭素を留めてくれているとは、どなたかの計画でもなければ、有り得ないことです。
 

 何の知識もなければ、自然は自然のままにと思ってしまいがちです。
 でも、現実は違うようです。
 人間がちょっと手を貸してあげないと自然は破壊されていく一途だということを、アシ、ヨシの原の保全をされている地方の映像で観ました。
 放っておいたら雑木林になってしまうそうです。
 その証拠に、アマゾン流域などは、手つかずの自然かと思いきや、今や生態系サービスに貢献できない地域になりつつあるといいます。

 世界的に多様性に危機が迫っているというのに、日本は恵まれている方だと前回の講座でも伺ったところです。
 今回の講座でも、日本海域が変化に富んでいる故に、海域の生物多様性が大きいことを知りました。
 日本がいかに特殊な任務を帯びた場所であるかをあらためて思い知り、日本にいのち授かったことにもっと感謝しなくてはという思いを深くしたことです。

 「 海は広いな大きいな
  月がのぼるし日がしずむ
  
  海は大波青い波
  揺れてどこまで続くやら
 
  海にお舟を浮かばして
  行ってみたいなよその国」

 この夏こそ、波の音に負けない声で水平線に向かって歌いたいなぁ。

大阪を歩く


 
 同じ場所に行くのに、同じルートは避ける習性がありまして、今日も、地下鉄ではなく、大阪駅前からシティバスで上六に向かいました。
 バスは窓の外が見えるから、遠足気分、童心に帰って右左と楽しめます。
 特に、この62系統のルートは大阪城を眺めながら、遠足どころか、旅行気分に浸れます。
 お時間ある時にはお試し下さい。大阪城で降車して散歩というのもお勧めです。

 午後からは、公立大学公開講座です。
 幸い雨は降っていません。歩いて難波まで移動することにしました。

 まずは、素通り出来ず、「いくたまさん」(生魂神社)にお参りしました。
 私の小学校の同級生が、ここのお祭りで太鼓を叩いていたのを、一度だけ見たことがあります。教室では見ることのない生き生きした彼の姿を今もうっすら覚えています。

 生魂神社は大阪を代表する歴史ある神社なのに、周辺の開発のため、写真のような告示がされていました。
 

 これを読むと、大阪の歴史そのものです。
 織田作之助は、旧高津中学出身ですから、まさに当地を地盤として活躍しました。
 じつは、母の兄と高津中学の同級生でしたので、おばあちゃんの家によく遊びに来たと聞いています。
 「さくちゃん」は大阪の人でした。
 ”いくたまさん“の立て看板を見て、久しく忘れていたことを思い出したことです。

 上町筋、谷町筋を越えて、松屋町筋に下りるには、随分落差がありました。
 上町台地の端はここにあるのかと、歩かなければ分からない高低差に、気分はブラタモリでした。

 懐かしい下寺町。お寺が並んでいます。
 大阪場所の時は、お相撲さんを見かける区域です。

 難波からの帰りも、梅田まで歩いてみることにしました。
 梅田~難波は、それほど遠くありません。
 たまには、青々とした銀杏並木の御堂筋もいいものです。しっとりとした静かな通りをゆっくり北上しました。


 「芝翫香」さんが、御堂筋に出店されていたことにびっくりしました。自分が知ってるお店ががんばっておられるとほっとします。

 歩き出す前、腹ごしらえに高島屋の一番奥にある「今庄そば」に行ったのですが、なんと、来週で閉店とのことでした。最後と聞いたファンの方々で、いつもは閑散としている店内に活気があったことが、寂しさをかきたてるという模様になっていました。
 今庄という地名がそそったお蕎麦の味でした。難波に行く楽しみが一つ減って残念です。

 鴨長明という人はこんなことに深い感慨を覚える質だったのではないでしょうか。
 でも、彼がそう書いてくれたから、諸行無常追体験できます。
 御堂筋を歩きながら、ガスビルがなくなることや、南御堂がハイカラになったことなど、生き残りをかける世情を実地で知ることになりました。
 形を残すか、生き様を残すか。
 それとも、消えてしまうか。
 いずれにしても、生きることは真剣勝負です。

 大阪の町歩き。老人の運動と記憶おこしによろしいようで。

太陽とカラス

 万博公園に行ってきました。
 7月に入れば「観蓮会」が始まり、人出も多くなりそうなので、今でしょ!と行ってきました。
 開門と同時に向かう先は、はす池です。
 夏至になったと知って花を開くのは、組み込まれた精巧なセンサーのおかげです。
 朝陽を浴びて目覚めた花々と、木々を渡る風の音だけの園内で、一人っきりの贅沢を味わってきました。

 空はどこまでも青く澄んで、絹雲が浮かんでいます。梅雨はどこへやら。
 夏至の直射日光を避けるための天の配慮である梅雨がないならば、今年の長い炎夏は覚悟が要りそうです。

 こんな看板があちらこちらに置かれていました。それだけカラスが幅をきかしている証拠です。

 カラスは太陽と関係が深いと、古代中国の伝説に書かれています。
 なぜか。カラスが黒いということにヒントがあるようです。
 昔の人が太陽を見上げているときに、真っ黒なカラスが横切り、それが黒点に見えたのではないでしょうか。
 そんな昔から、太陽を観察した人がいて、黒点の存在も知っていたとは、古代人恐るべしです。

 私たちは今、地球は温暖化に進みつつあるとばかり教え込まれています。

 そのことに、異議を唱える学者さんを発見しました。
 『眠りにつく太陽』(桜井邦朋著)という題名に興味を持って、読んでみました。
 桜井先生は1977年に「20世紀後半から21世紀にかけて、寒冷化する」と予想され、ネイチャーに発表されたそうです。見事に外れた!にも関わらず、懲りることなく再度、太陽の元気のなさから、これから寒冷化に向かうと唱えておられる勇気ある科学者です。
 太陽の活力は、黒点の出現と関係があるそうで、黒点が出現する元気な太陽なら磁場が地球を守り、宇宙線の地球侵入が防がれる。宇宙線が入ってこなければ、地球上の大気の電解は進まず、雲の生成に影響を及ぼさないと。
 しかし、昨今、太陽の黒点は少ないまま推移しているそうです。元気がない。
 これが、どんな影響を及ぼすのか、わからないことを危惧されて、次のような言葉をあとがきに書いておられます。

 「地球とその歴史を支配するのは人類なのだと考えてしまった尊大さと傲慢さに対して、太陽からしっぺ返しを浴びるのだ。
 私たちは謙虚になり感謝することで、太陽の“怒り”を鎮め、いつもの太陽に戻ることを太陽に決心させることになるかもしれない」。

 天の科学者の方が、おっしゃるのです。  
 深い思索は、人を高みに連れて行くという言葉通りです。
 


 「 『十日(じゅうじつ)』
  太古、太陽は十個あった。
  一個ずつ日替わりで昇っていた。
  堯帝の時代に十個いっぺんに昇っ    
  たら、灼熱で草木は枯れた。弓の名人  
  が九個の太陽を射落として人々を救っ
  た。」(淮南子より)
 そして、太陽には三本足のカラスが描かれています。
 
 

 「お手てつないでみな帰ろ
  カラスと一緒に帰りましょう」
 夕焼けが始まったら、ねぐらに帰るのは太陽が眠る時間が来たから?
 一年で最も短い影を踏みながら、カラスはお日様のことが好きだから、カーカーと鳴きながら飛でいるように思えて、怖い気持ちがちょっと薄れたように感じました。

お茶漬けサラサラ美味しいな

 ヤマモモの木に鈴生りに実がついていました。天然の色のなんと美しいことでしょう。

 泰山木の花が目前の高さに咲いてくれていました。

 犬も歩けば棒に当たるではありませんが、思わぬ発見があって、久しぶりの散歩で生き返った気持ちになりました。

 満足いくまで歩いて帰ってきたら、汗が止まりません。
 今日はもう夏の太陽ですね。
 ひょっとすると、空梅雨?
 それも困る話です。
 いずれにしても、暑さに耐える体の準備を急がなくてはなりません。


 今朝、テレビで、「能登の塩作り」が放映されていました。
 昔ながらの塩田で作る貴重な製塩所です。
 この海水から採った塩のことを「鹹」という字で表します。ヘンの「鹵」は袋に入った岩塩を表し、ツクリの「咸」は「かん」という音です。
 「鹵」が岩塩を表すなら岩塩の方が良いのかという問いの答はNOだと思っています。
 岩塩は何千年も地中で圧縮されたものですから、組成もミネラル分の多いものです。
 私たちの体は海から発生したことを考えると、毎日摂取する“しお”は、生まれた場所の組成の方が無理なく体に優しいといえるでしょう。
 

 というので、今日は「鹹」のお話

 まず、現在、都市伝説化している「水飲み健康法」と「減塩運動」です。
 西洋からやってきた理論は、西洋の人にとって有効であるということを再度確認しておきましょう。
 私は水を摂らないほうなんですが、そんな私もニューヨークに行けば、ペットボトルが空になるほど飲みたくなります。
 それは、彼の地が乾燥しているからなのです。日本は高温多湿です。しかも、梅雨最中。
 洗濯物が乾かないのと同じように、私たちの体の乾きは悪くなっています。
 そこに、水を飲めば、体は余分な水を捌くのに大変な負担を強いられることになります。

 まず、負担増になるのが、摂取した水を尿にして排出してくれる腎臓です。腎臓は、鹹味でパワーアップしますから、“しお味”が必要なのです。
 夏になると、浅漬けやぬか漬けのおつけものでお茶漬けサラサラが美味しくなるのは、体からの要求なのです。
 鹹味は夏を乗り切る切り札です。

 水と甘味と鹹味の摂り方が、熱中症からあなたを守ります。それは、また今度。