こころあそびの記

日常に小さな感動を

“光”へ続く道

f:id:snowrumirumi:20210723131615j:plain


 早朝、蝉時雨の降り注ぐ公園で、砂の上に放り出された水筒と虫かごを見つけました。
 持ち主達はジャングルジムで追いかけごっこに夢中の様子。
 少年たちの夏休みがいつも通りに始まったことに安堵して通り過ぎたことでした。

f:id:snowrumirumi:20210723132616j:plain


 今日は東京2020オリンピック開会式の日です。

 不思議なことですが、自分の昨日までのどこか煮詰まって淀んだ気持ちが、払拭されるような朝です。
 それは、潔く開催に向かおうとする純粋さを前面に押し出す報道に切り変わったからでしょうか。それとも、私達にもストレートに伝わるシンプルな”人”の話だったからかもしれません。
 多難という二文字では表しきれない難産の末に生まれてくるものに希望を感じたい。そう思うのは私だけではないはずと信じています。

 64年のオリンピック当時、小学生だった隈研吾さんは、丹下健三設計の代々木競技場を見て”神殿“だと思ったそうです。
 その感動が今回の国立競技場の設計に生かされていると聞くと、歴史の流れは人がつないでいるという思いを深くします。
 また、その競技場に使われている木材は47都道府県から調達されているそうです。その一つである南三陸杉を切り出した12代目の林業家の佐藤太一さんが口にされた「じいちゃんが植えた杉」という言葉に自然の循環は裏切りはないと胸が熱くなりました。
 更に、競技場の屋根を工事統括された小山聖史さんも「子や孫に自慢できたらそんな素敵なことはない」と締めくくってくださいました。
 人間一人一人はいかにも小さな存在で、歴史は勝手に動いていくものだと思いがちですが、どっこい、彼らの言葉からは歴史は作っていくものだという確かな手応えを持たれた事実に感動させられます。
 
f:id:snowrumirumi:20210723140942j:plain

 さっき、読了したばかりの「闇を裂く道」(吉村昭著)は、大正、昭和を作った話。
 そして、今、私達は闇の向こうに光が見える位置に立っています。そんな場所に立ち会える幸せを噛みしめたいと思います。

「夏休み」しよう!

f:id:snowrumirumi:20210722154021j:plain


 今日は二十四節気の「大暑」です。
 夏の土用真っ只中の暑さですから無理をしないことです。土用とは次の季節を迎えるために体を慣らす期間です。
 こらえどころではありますが・・尋常ではない暑さです。体温近い気温など経験のないことです。
 循環器系のトラブルは冬特有ではありません。
 この暑さに耐えるために一番頑張っているのは心(臓)です。血液を全身にフルに循環し、貯蔵庫の肝(臓)と、排泄の腎(臓)も連動して体を守っています。
 動悸や、めまいを感じたなら、活動は中止して、水と塩分に甘味を足して飲みましょう。麹で作った甘酒も今年の暑さには有効です。

 それでも、夏は基本が活動の季節ですから、特に子供と若者は家でじっとしておられない、自然に体が動くものです。羨ましい限りです。
 今朝から高速道路は大渋滞です。いつもの夏休みが始まったのですね。嬉しいことです。かつては、自分もそうだったと、そのエネルギーに嫉妬してしまいます。
 こんな時節ですから、ちょっと心にブレーキかけて出かけたつもりの人も海を目の前にした瞬間から解放されてしまいます。
 みんなの歓声がビーチに溢れ、太陽の煌めきは最高潮、絶え間なく打ち寄せては返す波の音。大きな大きな自然の恵みです。
 それらを素直に享受するのが健康の鍵ともいえます。大きな声では言えませんが、小さな声援しています。

 夏は楽しくパワフルな季節であることを子ども達に経験させてあげたいと願っています。
 蝉取り網を持って青々した梢を覗き込む親子、庭にプールを出して水のかけ合いっこする兄弟、夕涼みに花火遊び。
 楽しい思い出いっぱいの夏休みになりますように。

「千鶴子さん」

f:id:snowrumirumi:20210721154226j:plain


 今日、スーパーに寄ったら”北海道産の西瓜“が早くも、並んでいました。
 西瓜は鳥取栄西瓜というブランドものは過去の話で、今や熊本から始まって、石川から山形まで北上することは知っていましたが、この時期にすでに北海道とはびっくりしました。
 それでも、西瓜を見ると手が伸びてしまいます。家族の熱した体を思うと買ってやりたくなるのです。
 スイカは“西の瓜”と書きます。中国奥地のもっと西、サハラ砂漠が原産です。
 属性は「寒、潤、降」ですから、体の熱を冷まして利尿作用を持ちます。砂漠を歩く隊商の体を癒やしてくれる食べ物であったことがわかります。
 火照った体を冷まして、余分な熱をおしっこと共に排出してくれる。これからの盛夏になくてはならない食べ物なのに、もう北海道産とはどういたしましょう。

f:id:snowrumirumi:20210721160901j:plain

 朝刊の「朝の詩」に91歳の方が投稿されていました。
 ”慶応3年生まれのおばあちゃんは毎朝、四方拝をしていた。お天道様にはずかしくないように生きなさいと私を励ましてくれた“と。
 たった12行の小さなスペースに、宇宙が詰まっている気がしました。
 江戸時代最後の慶応の方がお天道様を拝んでおられる。それが明治時代の人の記憶に残っている。
 今、昭和、平成、令和の時代に四方拝を語り継ぎ、その姿を伝えられる人は数少ないことでしょう。
 令和の孫に昭和生まれのおばあちゃんが伝えなければ、順送りが途絶えてしまいます。大切なことを教えて下さいまして、ありがとうございました。 

 ところで、91歳の方のお誕生年を西暦に変換する方法をご存知ですか?私は、今日、店先で勉強したところです。

 「コロナワクチンの申込書を息子に頼んだら、“生年は西暦で何年?”と訊いてくる。”わからんわ“、言うたら怒りよる。隣にいた孫が“おばあちゃん、今は2021年やろ。そこから自分の年齢を引いたらええねんで”と教えてくれた。あの子は阪大出てるだけあって、やっぱり賢いわ」
 ポーカーフェイスで、来店のたびに私をお腹の底から笑わしてくれる「千鶴子さん」のことが大好きです。
 おかげで91歳の方が父より5歳下と即座に計算できましたよ。ありがとう。

Imagine~♪

f:id:snowrumirumi:20210720140830j:plain


 偏西風の蛇行のおかげで、爽やかささえ感じられる朝の散歩道。あれあれ、コスモスも風に揺れています。田んぼの中ではタニシもオタマジャクシも戯れています。
 なんて平和な情景なのでしょう。
 麦わら帽子を被ったおじいさんが今日も菜園のお世話をされています。ずっと先の未来にも、この同じ景色の中にお爺さんになった孫や曾孫が居てくれたらと願わずにはおられません。

 あと、2日に迫ったオリンピック。
 開催国になるだけでも大変なことなのに、コロナの制限をかけながら運営する方々の緊張はいかばかりかとお察し申し上げます。
 世界中のみんなとコロナ下のオリンピックを共有し、乗り越えることができたというゴールの日まで、心からの応援を通して祈り続けたいと思っています。

 来日予定のキャンセルを余儀なく決断された、台湾の唐鳳さんのニュースを読んでいたら、彼女もまた『窓ぎわのトットちゃん』に助けられた一人だと知りました。
 コースアウトしていた時に「君は本当はいい子なんだよ」という恩師の言葉は唐鳳さんの中に小さな勇気を芽生えさせたといいます。
 『窓ぎわのトットちゃん』が世界中でベストセラーになった理由はこの一言だと私も思っています。
 実は、悩み多き中学生だった私が「先生、私は悪い子になりました」と小学校の恩師に暑中見舞いを送ったところ、この名言が認められたハガキが返信されてきました。
 自分の不甲斐なさに落ち込んでいた私は、先生は私を信じてくれている、そう感じて、泥沼から這い出す力をもらったと思っています。
 『窓ぎわのトットちゃん』の発売から間もない頃でしたから、先生が、この本を読んで知っておられた言葉なのか、それとも教育者としてこの言葉の効き目をご存知だったのかはわかりません。
 確かなことは、子供に贈る最高の言葉は「君は本当はいい子なんだよ」以上のものはないということです。。
 人は弱いものですから、穴に落ち込むと誰からも見えていないのではないかと不安になります。そんなとき、君を見ているよ、と言われるだけで元気になります。
 黒柳徹子さんを救った一言が世界中の子供を救う言葉になった事を誇らしく思います。

f:id:snowrumirumi:20210720182342j:plain

 オリンピックに出場される選手の皆さんは、そんなちっぽけなハードルじゃなくて、想像を絶する高いハードルをいくつも越えて来られたことでしょう。
 平和からはほど遠いお国から来られている方もたくさんおられます。
 こんな時いつも、思い出す歌は「imagine」です。ジョンレノンの思いは未だ実現の片鱗さえ見えません。
 「殺戮も、国境も、宗教もなく、みんなが一つになって幸せに暮らしている世界を想像してごらんよ。僕は夢想家といわれてもいい。いつの日にか、みんなが一つに肩寄せあえる世界が来ると願っているよ」
 すごい歌詞ですね。
 この歌は1971年に作られたといいます。ちょうど、50年目に開催される2020東京オリンピック
 この期に及んで反対だ、中止だと騒がずに、仲良くしてみませんか。
 日本をさすがだといわせたいのではありせん。参加した皆が平和のあり方を発信しようと必死なのですから、それを応援してみようではありませんか。

空と大地の色

f:id:snowrumirumi:20210719135209j:plain


 昨日と同じように朝から青空が広がりました。
 秋に見られるような”青“い空です。雲一つなく青色一色で塗りつぶせるようにきれいな青い空でした。
 気象予報士さんのお話によると、上空にシベリア高気圧が少し残ったところに、太平洋高気圧が乗っかったので、爽やかさもある朝になったそうです。
 空の上でどんなことが起こっているのかが分かるのも科学の時代ならではです。
 見上げていると、この深い空色に吸い込まれていく気持ちがします。
 過日、再放送されたドラマ「愛していると言ってくれ」の中で、二人を結びつけた色は、“セルリアンブルー”でした。
 刻々と変わる空の一瞬を捉えた美しい色をストーリー展開の重要なツールにしたところがさすがでした。
 あんなシンプルな純愛ドラマは姿を消しました。需要がないのでしょうね。おばあさんはさみしく思います。


f:id:snowrumirumi:20210719141231j:plain


 いつも、空の青さを見る度に思うことは、なぜ、古代人は空が黒色と知っていたのかということです。
 賢いなぁと感心するばかりです。
 私なら、空は何色?と訊かれたら、「青色」と応えます。
 なのに、太陽が空にある時の青色ではなく、太陽が沈んだ後の闇の色を誠の宇宙の色としたことに驚きを持つのです。漆黒の闇の向こうまで、見透かしていたことにびっくりします。
 昼間以上に夜の星を観察していたことが推測できます。
 
 ”天は玄色(黒色)“と冒頭に出てくる『千字文』は応神天皇の時代に王仁によって百済から伝えられました。
 「天地玄黄」に続いて、「宇宙洪荒」とあります。
 『淮南子』に「往古来今謂之宙、四方上下謂之宇」と記されていますから、「宇」は四方上下の空間のこと、「宙」は過去、現在、未来の時間のことです。
 時間空間は果てしなく大きく広いといっています。

 『千字文』はお習字のお手本ですが、一つ一つの意味を勉強するだけで、結構、漢文知識や当時の風俗も知ることができる優れものです。
 
 この『千字文』の成り立ちは、梁の武帝が殷鉄石に命じて王羲之の文字から千字を集字させ、それを周興嗣(しゅうこうし)が、一晩で四字ずつの韻文に書き上げたといいます。一字の重複もなくです。果たして、彼の髪は真っ白になってしまったそうです。
 易経淮南子説文解字ほか当時すでにあった文言から取ったり、話の辻褄を合わしたりして、一晩で完成させた人が実在したことに、古代人の天才的能力に驚くばかりです。
 彼らの想像力を後追いしたくて、奥深い中哲学に興味が尽きません。あっ、ごめんなさい。入り口だけで“うっとり”と魅了されて、なかなか中に入れないことは正直にお伝えいたしておきます。

今、この時だから「深謀遠慮」

f:id:snowrumirumi:20210718101921j:plain


 「梅雨明け十日」と俳人坪内稔典さんが書いてくださると、本当に梅雨が明けた!という実感が迫ってきます。
 紹介されていた「窓をあければ空がくる」という新見南吉の詩をあじわいながらの、朝の散歩でした。
 空が喜んでいる。みんなも喜んでいる。そう思いました。
 我が家でも、待ってましたとばかり梅雨明け仕事開始です。
 まずは塩漬け梅を引き上げて土用干し。それから、わんこのシャンプーです。
 にわかに、みんなが活気づく夏本番が始まりました。

f:id:snowrumirumi:20210718120601j:plain

 帰ってきて、テレビをつけたら、河野ワクチン担当大臣が橋下さんとお話されていたのでついつい見てしまいました。
 橋下さんの見解は、いかにも弁護士らしいものでした。戦後の教育で個人主義が教え込まれたので、それはいいことだけれども、全体の為に動こうとしなくなっている若者たちがいる。
 ワクチンで国を守ろうとするなら、半ば強制的にでも打つ必要があるのではないか、というご意見のようでした。
 コロナを敵機襲来と考えておられるようにも見えました。コロナが敵かどうか、また、今から敵になっていくかどうかは誰にもわかりません。
 ただ、いのちという視点はあるのか。抜け落ちてはいないかが気になりました。
 今日、この青空を気持ちいいと感じているいのちが大切なのではないでしょうか。
 その大切な命を守るために打つんやないか、といわれると反論の余地はないのですが、それでも、その前段のいのちに対する考えは各自で持つべきと考えます。
 親からもらったいのちを全うする。それ以上でも未満でもありません。覚悟がいることです。
 片や河野大臣は終始、冷静に言葉を選んでおられたようにお見受けしました。
 「深謀遠慮」という『文選』を典拠とした言葉があります。前漢の賈誼(かぎ)は秦がなぜ十数年で滅びたのかを推量しています。
 秦は法治国家を目指しました。法で人々を治めることは、一旦はうまくいくように見えても、置き去りになった民心は抑えきれなかったために瓦解してしまう運命を辿ります。
 ”遠い未来にまで考えを巡らし計画をする“という遠大な構想を、今、この予測のできない時代に考えられる人はいるのでしょうか。
 秦の始皇帝の轍を踏まない為には、見える事象だけで語らないことだと思います。
 そういう意味で、いけいけドンドンだった河野大臣のスローダウンに何かお考えがあってのことであればと、思い巡らせたことでした。

相撲と女子会

f:id:snowrumirumi:20210717205231j:plain


 本日、名古屋場所中に梅雨が明けました。
 小学生の頃は、取り組みが終わった後の弓取り式の真似をしながら、夕飯を待ったものです。今、弓取りを放送しなくなったのはなぜでしょう。荒れた土俵を清める。これこそ立派な神事なのになぁ。
 JR星田駅前に、先場所まで、「勢関がんばれ」と応援と星取り表が掲示されていました。6月に引退発表があり、その掲示板のない、星田の人にとっては淋しい場所になりました。
 星田に勤務している限りは、一度は「勢関」のご両親のお店のお寿司を食べてみたいとかねてより思っていました。
 その願いがようやく叶い、先日、お店を訪ねました。
 配達から戻られ、ガラガラと扉を開けて入って来られたお母様の大きなこと!
 「さすがですね」
 「私は175cmですけど、主人はもっと高いです」とおっしゃって、立派な息子さんの等身大写真の横で微笑まれました。
 「4050g 53cmで生まれたんですよ」とひとしきり女親らしい自慢話を伺いました。
 ウィキペディアによると、「勢関」は中学卒業後は進路が定まらず、しばらくこのお店で働いていたとのことで、ご両親の懐の深さを知りました。
 思春期真っ只中の子供が立ち止まってしまったときの、親の気持ちは察して余りあります。親の方がうろたえてしまうものでしょう。
 そして、親の受け入れが上手くないと、子供は居場所を失い、心が荒むことはしばしば耳にするところです。受け入れる度量を持つ親御さんで本当に「勢関」はお幸せだと思いました。

f:id:snowrumirumi:20210717204702j:plain

 さて、作ってもらったお寿司で、同僚たちと女子会をしましたよ。
 昭和をかすって、石原裕次郎が好きな女子。
 バブル時代に青春を謳歌した女子。
 なんと!平成生まれの女子。
 そして、どっぷり昭和の団塊女子。の4人です。
 メンバーの中に宝くじの当選動画をよく見ているという子が居て、その独演会にお腹を抱えて笑いました。
 宝くじ売場の人にチケットを渡して、内心はドキドキしながらよそ見していたら、小さい声で、「当たってますよ」といわれるんだって。と一同「言われてみたい!」から始まって、使い道にまた大笑い。
 話が途切れることなく、昼休みを楽しく過ごしました。
 でも一つ心残りがあります。
 後で気づいたのですが、こんなに盛り上がった女子会ランチを「NHK サラメシ」に投稿するという考えがなぜ浮かばなかったのだろう。絶対、採用されただろうな。
 それほどに楽しい昼休みでした。