こころあそびの記

日常に小さな感動を

小さな印を彫ってみて

f:id:snowrumirumi:20211019184658j:plain

 何事もやってみないと、その大変さも、その楽しみも分からないといいます。
 篆刻なんてものを、やってみようとたった十数分間削っただけで、腕が上がらなくなってしまいました。
 彫っているときは、これぞ無心だと満足したのに、次の日から、えらいことになりました。
 豊中に長野展延さんという篆刻家がおられます。
 何度か、個展にも伺いました。
 彼は定年後に篆刻を始められたと聞いています。今では篆刻どころか多色刷りの版画に書を添えることまでなさっています。今回、自分でやってみて、初めてそれが如何にすごいことかと実感できました。
 作品に仕上げる根気と情熱がなければ、物は完成しないことを知りました。
 今までの自分の態度を反省して、是非彼に一から手解きを受けたいと切に思ったことです。


f:id:snowrumirumi:20211019184729j:plain


 本屋に平積みになっていた『北斎 富嶽三十六景』を手にとり思ったことがありました。
 葛飾北斎は映画でも、テレビドラマでも変人扱いされています。
 しかし、実際には、端からそう思われるくらいでないと本物にたどり着くことはできないのだと考えます。
 自らを狂人と名乗って、一体何を求めたのでしょう。
 「天我をして五年の命を保たしめば、真正の画工となるを得べし」と言い残して事切れた北斎は、あと五年でどこに到達するつもりだったのでしょう。
 彼の構図は彼の想像力のたまものといわれます。実際には見たことがないはずといわれたりしています。
 しかし、たとえば、「身延川裏不二」の解説に「あえて富士山を目立たせないように岩山の間からかろうじて垣間見える形で描いた」とあるのですが、私はそうは思えないのです。
 ずっと前、知った人が久遠寺のお坊様に嫁いだので、訪ねたことがあります。
 近くのお寺に寄ったとき、目前に、同じ高さの富士山を見て驚いたことがあります。関西人は富士山の高さ大きさに接する機会がないので、幸運にも仰ぎ見られた時にはその威容にびっくりします。
 「身延川裏不二」が遠近法で描かれずにドーンと目の前に描かれている姿は、関東人にはおかしいと思われても、関西人にはそうだ、そうだったよねと納得できる構図なのです。
 この絵を見て、北斎もきっと身延のお山から富士山を見たことがあったに違いないと賛同するのは関西人かもしれません。いや、失礼。彼は日蓮宗徒だから、絶対に見たはずです。
 北斎。斎は禊ぐの意味。
 北極星を巡る北斗七星を命名に込めたともいわれます。
 森羅万象に畏敬の念を持ちながら、やりたいように生き通したと言われる北斎が今でも世界中で愛されるのは、作品に必死さが見えるからではないでしょうか。

 あんなでなくとも、爪の垢煎じたくらい薄めた必死さはどこか体の奥深くに仕舞っておきたいものです。

チューリップツリー通り

f:id:snowrumirumi:20211018135800j:plain

 街路樹が色づいてきました。
 イチョウ並木の黄色は青空に映えます。
 あんなにキラキラしていたポプラの葉っぱは春の精彩をなくし始めています。
 微妙な色合いを長く楽しめるのが欅です。日々、違った色合いを見せる欅坂を通るとき、秋を感じます。
 昨日プラプラ歩いていたら、こんなプレートを見つけました(上の写真)。逞しく蔓が巻きついている街路樹の一本にぶら下げられていました。

f:id:snowrumirumi:20211018195009j:plain

 まず、この街路樹がユリノキであることに驚きました。大阪市立大学付属植物園へ行かなければ会えないと思っていましたのに、こんな近くにあったことに感激しました。
 大阪市立大学付属植物園のユリノキは2018年の台風で倒木してしまいました。樹高40メートルもある大きな木でした。今は、そのでっかい根っこを晒すばかりです。研究施設ですから、そのまま置いてあります。見に行ってみてくださいね。
 一時間程で一周できて、ちょっとした山歩きができます。それぞれの木や花にネームプレートがつけられているところが素人にはありがたいことです。
 星でも花でも名前を知れば、知らないときにはなかった交流を感じます。それも一つの元気の作り方ではないでしょうか。
 さて、街路樹にぶら下げられた案内文の最後に記された「調べてみたらおもしろいですよ」のお言葉に従って調べてみたら、知らないことだらけでした。
 ユリノキの幹に巻きついて、我が物顔ではびこっているのが「オオイタビ」で、漢字なら「大崖石榴」と書くクワ科イチジク属の常緑つる性の木だそうです。
 イチジク属ですから、花は壺状の中で咲きイチジクコバチがその中に入って受粉を助けます。雌雄異株。秋に雌株にできる紫色の実は食べられるそうです。
 そうなんだと、木を見上げましたが、実らしきものは見あたらなかったので、雄株だったのかな?


f:id:snowrumirumi:20211018195110j:plain

 どれだけ生きても知らないことは山ほどあって、だからこそ、退屈しないのですが、今回もまた、今まで知らなかった言葉を知りました。
 「絞め殺し植物」。なんと恐ろしい名前でしょう。
 このオオイタビなどのイチジク属は気根を出して宿主に張り付いて、樹木を枯らしてしまうことさえある生命力の強い植物だそうです。
 同じ属に観葉植物で人気のガジュマルがあります。この子も横に根っこらしきものを垂らしています。これが、自分の幹となり自立していくとか。
 なんとしても生き延びようという根性を感じさせる木です。
 このオオイタビの餌食になったユリノキは、きっと鳥たちに糞を落とされたのでしょう。その中に入っていたオオイタビの種子が発芽して、ユリノキを覆い尽くしてしまった。
 かわいそうなユリノキ
 ちなみに、ユリノキモクレン科です。
 春にチューリップのようなモクレンに似た花を咲かせるからチューリップツリーとも呼ばれます。
 日本では、1200万年~2000万年前の地層から見つかっている、生きている化石です。
 これから、落葉していくユリノキと、常緑樹のオオイタビ。どっちの子を愛でるべきか。悩ましいことです。
 そんなことに迷えるのも、新発見があったからです。
 プレートの設置主様、よくぞ教えて下さいました。ありがとうございました。

カワセミ見たよ!

f:id:snowrumirumi:20211017151233j:plain


 「今日、何かいいことありましたか?」と訊かれて「はい!ありました!」と答えられる日ほど素敵な一日はありません。
 いつもの川沿いで足を止めて、コサギの可愛い色のブーツを見ていたら、目の前を青い影が左から右へと素早く横切りました。
 小さくて背中が青くてお腹がオレンジ色でした。
 「カワセミに違いない!」と嬉しくなりました。
 虹と一緒です。出会える日は奇跡です。川の宝石、川蝉は小さい体に合わない鋭い一声を残して消えていきました。
 住んでるんだ。それを知ったことで、重くなっていた足が少し軽くなったように思いました。
 一日一善ならず、一日一喜。気持ちが震える一瞬があれば、その一日はスペシャルになります。
 はしゃいだ気持ちがいつか思い出されるだけでよいから、何月何日と記録はしません。
 あ~なんて素敵な出会い。そう思うことで十分幸せです。

f:id:snowrumirumi:20211017151321j:plain

 自然のすがたにはこんなにあまあまなのに、人間の事となると、途端に怖がりになります。
 あの人こわそうだね、と言った私に友人がこんな言葉を返してくれました。
 「それは、一面ですよ。あの人の中にもきっと優しいところがあるはずですよ」と。
 そうなんですよね。
 仕事場で鬼!と思われている人が、家に帰ると家族思いの良妻賢母という例を何度も見てきました。
 人は、自分の中でバランスしているところがあるのでしょう。見た目で決めつけてはいけないと友人から窘められたことは恥ずかしいことでした。

f:id:snowrumirumi:20211017153601j:plain

 個性が尊重される時代です。
 それでも、仏頂面で対応されると気持ちが萎えることがあります。にこやかに対応してもらうとそれだけで心が緩むのが人の性。
 でも、真似しようとして、嘘の笑顔を作っても、それは見抜かれてしまいます。
 作り笑いではない笑顔は、内面の充実感から自然と滲み出るものですから、生まれつき持って生まれたのでもない限り、時間をかけた鍛錬が必要です。
 マナー教室で学べば外見は矯正できることでしょう。しかし、教室で矯正できる部分と一朝一夕には矯正出来ない部分があることは知るべきです。一説に、矯正には、そうなるに至ったのと同じだけの時間が要るといわれます。
 だからといって鬱ぐことはありません。大人になって教えてもらっても出来ない部分に人生の課題が隠されていると私は思っています。それを深く探っていくところに、真の成長があるような気がします。

f:id:snowrumirumi:20211017153337j:plain

 今朝、書評欄に載っていた『「育ちがいい人」だけが知っていること』(諏内えみ著)というご本。刺激的なタイトルから内容を想像するに、そういうことなのかなと思った次第です。
 和顔施清水寺の管長だった大西良慶さんの笑顔は本当に人を癒やす力がありました。あんな笑顔の達人でも、そこに至るまでの道は一筋縄ではなかったはずです。すべてを削ぎ落せば笑顔美人になれることを教えてくださっています。

セミナーの再開に感謝!

f:id:snowrumirumi:20211016195014j:plain


 ご存知でしたか?
 子供がピーマンを苦手な理由。
 これも田中修先生に教えてもらったことですが、青色のうちは未成熟で、まだ食べないで!と苦味で自分を守っている状態だそうです。だから、子供たちに不人気なのです。
 熟したら虫さんたちに食べてもらって種を運んでもらわなくてはなりません。そこで、赤くお化粧して、味は甘くして、さぁどうぞと誘うとは、植物の計り知れない知恵に脱帽するばかりです。

 ということで、本題なのですが。
 このブログ名にあるように、本来は漢方を元に、古代の知恵を現代に生かしていただけたらとセミナーを始めたのが十年前くらいになるでしょうか。
 それが、去年からのコロナ禍で中断を余儀なくされていました。慣れは恐ろしいもので、セミナーを再開しようという気持ちがなくなりそうになっていました。
 今回の緊急事態宣言の解除を契機に再開しましょうと、どなたかが言ってくださらなければ、重くなった腰は上がらなくなっていたことでしょう。
 ありがたいことに、いつもセミナーに参加くださる方々の御言葉に後押しされて、本日やっとの思いで再び扉を開けることができました。
 本当にありがとうございました。
 お変わりない面々のご様子にこちらの方が元気を頂戴したひとときでした。
 そして、上の写真のピーマンを「女房が家庭菜園で作ったものです」とご好意まで頂戴いたしました。
 瑞々しい緑色と赤色は絵になります。
 
f:id:snowrumirumi:20211016211812j:plain


 当節、世の中には健康法が溢れています。
 健康になりたくない人はないわけで、なんとか極意はないものかと探し回っておられる方をよくお見かけします。
 運動することが良いといわれたら、素直な人ほどがんばってしまいます。自分に合っているかどうかは自分しかわかりません。却って、身体を傷めたり、活性酸素を作ったりということもあります。
 自分に無理をさせない、けれど楽をさせない。
 そのポイントは、自分が楽しいかどうかです。
 
 本日、セミナー出席のある男性の楽しいお話しを伺いました。
 彼のとある一日。始発電車に乗って河原町へ。そこから朝風呂が終わらないうちにと西京極の突き当たりにある銭湯まで走ったといいます(とはいえ、そこはご老体ですから)。
 首尾よく、入湯したら、ご近所さんが入ってくるたびに「おはよう」と挨拶を交わされる場面を目にしたと、うれしそうに話されました。
 彼の時間の使い方と、笑顔と好奇心は真似ができない能力ですが、そうか、そんな風にしたらいいんだなとヒントはもらえそうです。
 
 健康は、医療の力だけでも、スポーツの力だけでもないと思っています。幸せを感じる力が脳内に幸福ホルモンを出させて、結果、元気が湧き出してくる。それが、健康の秘訣だと信じています。
 
 今日は、こんな話も出ました。
 「トイレに入るたびに感謝しています」と。
 健康の神様がおられるとしたら、こんな人を助けてくださるのではないでしょうか。
 いろいろと修行や鍛錬が流布しますが、究極は「感謝」であること、それが日常の中でできたら、それは完成に近づいている証拠です。まさに、道元禅師のお言葉の実践です。
 
 健康であるために、運動や食事以上に大切なもの。それは心の持ち方です。  
 それでも病む日がやってきたらどうするの?
 日頃から朗らかで「感謝」している人は、病になっても病人にならないのです。
 そんなたくましさを持って生きている人が、このセミナーの参加者であること。そのご縁に心から感謝しています。

『花が咲く』が継ぐもの

f:id:snowrumirumi:20211015203613j:plain


 人皆は 萩を秋と云う 縦(よし)われは
 尾花が末(うれ)を 秋とは言はむ
         作者未詳  巻10-2110

 万葉集に登場する花で一番多いのが萩だといいます。 
 が、上記の作者は、私は薄(すすき)が秋を代表する花だと思うと宣言しています。
 薄の穂の変化が秋の深まりを告げています。
 先月の中秋の名月の頃は、伸び出した穂がまだ赤かったのに、その後、花が咲いて白く輝き、その存在感が目立つようになってきました。
 明後日には十三夜の後の月。栗満月。
 月にすすきは似合います。。白銀色の花がほほけて風に揺れている尾花が美しいという感性が私たちの体の中にも受け継がれています。そんな時を越える体験ができるのは、変わらない自然の姿があってこそです。
 先人がいかに自然を愛でていたかという証が行事や歌に残されてきました。
 そして、その伝承の担い手は老人の仕事だったように想像します。自然への畏敬と愛情が身に迫って感じられるようになるのは老年期のゆとりとさみしさに起因すると思うからです。
 
 指進(さしずみ)の 栗栖の小野の 萩が花
 散らむ時にし 行きて手向けむ
             巻6-970

 大伴旅人の辞世の歌は飛鳥の”ふるさと“を思うものでした。飛鳥の都の秋に萩が咲き乱れていた頃のことを思い出しています。
 人が思い浮かべる懐かしい風景には、花があることが多いようです。それだけ、「花が咲く」ことによって、物語は印象深くなるのかもしれません。
 
f:id:snowrumirumi:20211015203641j:plain

 「花が咲く」という歌が東北大震災の応援ソングとして、つとに有名になりました。
 菅野よう子さん作曲のシンプルなメロディーにのせて歌われる詩を聞くとき、だれもが懐かしさを感じます。
 この作詞をされたのが映画監督の岩井俊二さんです。
 美しさとそれに伴う残酷さの両面に真摯に向き合う方だと書いてあるのを読みました。
 彼は仙台出身で震災を我がこととして、今もって片時もその脳裏を離れることはないはずです。
 繰り返されるフレーズは
 「花は花は花は咲く いつか生まれる君に 
  花は花は花は咲く わたしは何を残しただろう」。
 この先、ずっと繰り返される自然の姿の中で、私たちはほんの一瞬の切り取られた風景を心に留めます。
 そして、後に生きる孫や子は、先祖も見たであろう風景の中にその姿を想像して懐かしむことでしょう。
 私たちの先人の感性を、次世代の人たちにつないでいくことが、今、この時代を預かり生きている者のつとめだと、この歌を聞くたびに胸に刺るものがあります。

バスに笑顔が乗る日

f:id:snowrumirumi:20211014145413j:plain


 あてのない散歩。思いつくまま気の向くままに歩いて、あれっ?このままじゃ疲れすぎるよと思ったら、バスに乗ります。
 幼稚園バスに乗ってる子供たちのように、つかの間の遠足気分が味わえます。

 「  バスごっこ 作詞 香山美子 
          作曲 湯山昭
  大型バスにのってます
  キップをじゅんにわてしてね
  おとなりへ(ハイ)おとなりへ(ハイ)
  おとなりへ(ハイ)おとなりへ(ハイ)
  おわりのひとはポケットに!」

 我が家の子供たちはこの歌が大好きでした。家の中であっても歌いながら体を右へ左へくねらせて大笑いしたものです。

 さて、緊急事態宣言が解けた町は、恐る恐る活気を取り戻し始めたようにみえます。
 コロナ禍の間、市バスの運転手さんはどれほど仕事のやりがいをなくしたことか。通路にお客さんが溢れる日の復活を毎日毎日願われたことでしょう。それが身にしみておられる運転手さんの今日の案内の声は丁寧で明るくてマスクの下の笑顔が伝わってきました。みんなの足です。これからもお世話になります。


f:id:snowrumirumi:20211014145525j:plain

 ところで、バス旅行というもう少し遠出ができるプランがあります。
 集合場所にさえ間違いなく行ったら、後は連れて行ってもらえるところが、老体にはありがたいものです。
 コロナ前には、結構な人気でしたのに今は見る影もなく落ち込んでいるのではと心配します。行きたくなるコース設計の旅行なら、きっと復活できるはずです。
 ちなみに、私の一番は「熊野三山」で、次にあげるとしたら、「琵琶湖一周」です。
 家族連れでは行きにくい、少し鄙びた場所にひとりで行けるバス旅行。秋のおすすめは、「湖東三山紅葉狩り」かな。鉄道で行って、周回バスに乗る方法もよいですね。
 

f:id:snowrumirumi:20211014145632j:plain
 
 私が子供の頃は、バスガールが憧れの職業でした。大きくなったらバスガイドになりたいと思ったものです。  
 しかし、あっという間に、市バスにバスガールが乗らなくなって、ワンマンカースタイルになって、それも久しくなりました。
 それでも、地域を結ぶにはバスほど便利なものはないから、バスは形を変えても走りつづけることでしょう。
 運転手さんと声を交わす時代はよかったよ。降りるときにね、学生さんもおばちゃんも「ありがとう」ってね。あの頃が懐かしい・・なんて、無人バスの時代が近づいています。
 
 コロナから解放された人がまず何をしたいかというと、旅に出たいはずです。
 格安航空のピーチエアラインが5000円のガチャガチャの発売を開始したと言います。
 さすが!コロナの間に策を練っておられたのですね。
 当たっても当たらなくても、行き先がどこであっても、そのガチャガチャを買おうという人は夢を手にしたい一心でありましょう。
 さぁ、動き出しました。
 遠くは無理でも、地元の4つ5つ先の停留所までバス旅行してみませんか。ターミナルまで行って、引き返してくるという手もありますよ。
 小さな冒険が心を養ってくれます。

秋祭りにGO!GO!

f:id:snowrumirumi:20211013063952p:plain


 今日はローカルニュースです。
 
 秋祭りの情報を散歩途中でゲットした私は、日没後の道を孫たちを連れて意気揚々と出かけていきました。
 去年からお祭りというお祭りが中止になって、お囃子を忘れたような感覚になっていました。が、神社に入ると懐かしいお囃子の音に、体が反応します。
 お祭りはいいなぁと心から思いました。

f:id:snowrumirumi:20211013150945j:plain

 昔、小学校の同級生の男の子が台車の上で威勢良く太鼓を叩く姿が、失礼ですが、あまりにいつもの彼とかけ離れたかっこよさでびっくりしたことがあります。神社のお祭りは神事です。太鼓のリズムが高揚感を誘い、神様に奉仕する子供になりきっていたのでしょう。雑念がないとき人は美しくなれる証を見た思いです。

 孫たちも氏神様の秋祭りで太鼓を叩かせてもらったことがあります。
 その後、コロナで中止を余儀なくされていることを思えば、孫たちがそんな貴重な経験をさせてもらったことはありがたいことでした。
 この神社のお祭りのクライマックスは、太鼓を叩いた稚児たちの「宮入り」です。それぞれのお父さんが肩車をして本殿に入っていきます。そして、神様の前でお祓いと、健康に育ちますようにと祈願してもらうのです。
 生涯、思い出すたびに親や参加者との絆を感じることができることでしょう。幸せな経験ができたことに感謝いたします。ありがとうございました。

f:id:snowrumirumi:20211013151029j:plain

 言うまでもなく、お祭りは地域の人達の賛助がないとできません。
 コロナで「今年はどうする?」という話し合いが去年から続いてきました。春なのに、秋なのに、春なのにを繰り返して、ようやく「やってみよう」とお祭りが開催される地域が出てきたことはうれしいことです。
 誰がうれしいより、子供がうれしいのが一番です。
 昨日も、子供たちの元気な声が境内の明かりに負けじと響いていました。日が落ちて出かけるお祭りは、子ども心に忘れられない残像を残します。それがまたいいのです。
 春日神社には、天照大神豊受大神菅原道真素戔嗚尊、お地蔵さん、大山津見神、お薬師さんが鎮座されています。孫たちとすべての神様に参拝したことで、祖母の務めを全うできたように思って安堵しました。