こころあそびの記

日常に小さな感動を

イチゴジャム

f:id:snowrumirumi:20210513203054j:plain


 青嵐が塵を吹き飛ばしてくれたのか、山の起伏に合わせて緑の濃淡が一段と映えています。真っ白な綿雲を浮かべた空には飛行機雲が幾筋か伸びています。
 幸せな昼下がりです。
 こんな景色に出会ったときは、素通りしないことだと思います。誰か知り合いに会ったときに会釈するように、ちょっと立ち止まって自然と呼吸を合わせてみたら、鬱陶しい霧が晴れていくことでしょう。
 健やかに過ごすコツは、こんな小さな幸せを見過ごさないことだと思います。

 帰りに、スーパーに寄ったら、イチゴが1パック158円で売り出されていました。そうだ。ジャムを作ろう!
 家中にこの甘酸っぱい匂いを漂わせることが、春の恒例行事です。上手にできることに越したことはありませんが、失敗しても何の問題もありません。
 期待することは、この季節にしか味わえない匂いなのですから。


f:id:snowrumirumi:20210513175720j:plain


 グツグツ煮ながら、レモン入れすぎたかな?火を止めるタイミングは遅すぎたかな?
 今年もいろいろと反省点はありました。でも残念なことに、来年までにそのことをすっかり忘れ果てることでしょう。そして、初心者にもどって、また作ります。
 この先も、そんな幸せな記憶を積み重ねられたらそれでいいと思っています。それを人は普通の幸せというのでしょう。
 子育てしていた頃。懇談会で、先生が「どんな子になってほしいですか?」と質問されたとき、「普通の子供に」と答えたお母さんがおられました。「お母さん、それが一番難しいのですよ」と先生が応えられたらことが忘れられません。というのは、どちらの気持ちもわかるからです。
 『普通』とはどういうことを指すのでしょう。
 普通の”普“は上半分は左右に人が居る様子。下半分の”日“は太陽を表している会意形声文字だそうです。
 お日様が広く照り残しのないように射しているところから、あまねくという読み方になり、そこから、「特別の反対言葉。世間にざらにあり、なんら変わった所が見られないことを表す」(新明解国語辞典)という意味になったようです。
 しかし、人の一生に限って言えば、特別でない人生なんてないと思いませんか。昨日も今日も、いろんなことを乗り越えながら生きています。波風を経験しない人などいるのでしょうか。
 だとしたら、「普通の人生」とはどんなことでしょう。
 あるお母さんが娘に言いました。
 「普通の人生が一番。それは、結婚して子供を産んでという当たり前の人生」と。
 この一言で眉をしかめる人もいる時代です。
 でも、眉をしかめてみても”普通“の答えには辿り着かないように思います。
 「死とは生まれる前の自分に返ること」と福永光司先生はおっしゃいました。
 生きてみる。毎日毎日を精一杯生き抜いた先で、振り返る日が来た時に、よく頑張ったと自分を褒められる人は、普通の幸せを生きたということになるように思います。
 
 
f:id:snowrumirumi:20210513175752j:plain
 
 
 
 
 

庚申の日

f:id:snowrumirumi:20210512153201j:plain


 新稲(にいな)を東西に貫く道の中程に「庚申塚」があります。
 十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)の巡りの中の「庚」と、十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)の「申」が重なる日のことを「庚申の日」といいます。
 暦で本日がその日に当たります。
 何の日かというと、4世紀あたりに中国の葛洪が著した『抱朴子』という本に出てきますから、随分昔から信じられてきた神様ごとです。
 まず、寿命と人の行いの善悪に関しては、
 「大きな悪事を行えば寿命を司る神様(司命)によって本来定まっている寿命から”紀(300日)“が奪われ、小さい過ちの場合は“算(3日)”が奪われる。また、積善をしなければ、例え薬を服用しても益がない。」と人が長生きするためには悪いことをしないようにと戒められています。
 そして、寿命が減るのを恐れて、庚申の日にどんな事をしたかというと、「庚申の日には、体に入り込んでいる”三尸(魂霊鬼神の類い)“が天に上って司命に人の過失を述べます。すると「紀」が減ります。だから、人々はその日には徹夜をして身を慎み、三尸が体から抜け出せないようにしたといわれます(寝てしまうと三尸が抜け出す)」とあるから、人々は徹夜をして「守庚申」したそうです。

f:id:snowrumirumi:20210512170102j:plain


 日本でも、平安時代にはすでに行われていたそうですから、「新稲の庚申塚」はその貴重な遺跡です。こちらは、青面金剛の石塚が残っている正統派ですが、気をつけて歩いていると“庚申塚”はあちらこちらに見かけます。散歩しながら歴史探訪はいかがですか。
 それから、あら恐ろしや。
 「晦日の夜には竃の神様も天に上って人の罪状を報告する」とあります。
 なんと、今日の夜は“庚申”と”新月“の重なる日です。風も出てきました。雨も降り始めました。なんてね、今晩はお家でゆっくりいたしましょう。
 この『抱朴子』が書かれた後漢頃に、「天知る 地知る 我知る 人知る なんぞ知ることなしという」楊震の有名な言葉が残されています。
 いつの時代にも襟を正して生きる、寿命を全うして生ききることが、最重要な課題であることがよくわかります。
 私達が小さい時は、何かというと「お天道様が見てはるよ」と言われ、悪事は直ぐにばれると教えられました。
 今はお天道様という言葉を聞くことさえなくなりました。
 人間がはるか昔から畏れてきた天の存在。それを無視して生きることができるのでしょうか。
 
 ※本日は神塚淑子先生のご著書「道教思想10講」から  教えていただきました。「」内は抜き書き。(大意含む)

愛鳥週間

f:id:snowrumirumi:20210511184343j:plain


 何か作業するとき、BGMは何を選びますか?
 音楽だとどうしても、ついメロディーに気持ちが持って行かれてしまうので止めてしまうことがあります。
 そんなとき、自然音だと邪魔されずに作業がはかどることに気づきました。
 水辺のせせらぎのいわゆるf分の1の波動が思考を停止しないように思います。でも、それだけだと森の中の迷子の気分になるので、淋しさをカバーしたくて小鳥の囀りが入っているものを選ぶようになりました。野鳥の鳴き声が静寂をいのちあるものにしてくれます。
 昔、心斎橋商店街の大丸そごうのあたりに、“小鳥の占い”という見せ物があったことを覚えておられる方はありませんか?
 おじさんに代金を払ってお願いすると、籠の中の白い手のり文鳥が鳥居をくぐって鈴を鳴らし、お宮さんの祠の中からおみくじを引いきてくれます。くちばしにくわえて戻ってきた文鳥は私の手の平にそのおみくじを置いてくれるというものです。
 その時の、鳥の足の感触が忘れられず、どうも鳥は苦手でした。それでも、心斎橋に行く度に、親にねだった記憶があります。
 鳥との交流はそんな乏しいものなのに、今頃になって、かわいくてたまらなくなりました。朝告げ鳥や庭にくる野鳥。散歩の途中で見かける小鳥たち。
 最近のヒットは”カイツブリ“です。川幅はさして広くはない箕面川を、まるで25m競泳をしているように右へ左へ往復する姿は本当にかわいいです。
 そしてなんといっても鳥の魅力は色彩です。花鳥画に登場する鳥たちは、その色彩が画家に惚れ込まれたものと思われます。究極の神業であるその配色は画家の目を惹きつけて止まなかったことでしょう。
 それから、童話「青い鳥」というタイトルを付けた作家にも伺ってみたいところです。どうして、青い鳥でなきゃだめだったのですかと。自然界の宝石と呼ばれる青い鳥に誰もが一度は会ってみたいという思いが生んだ比喩ではないかと、作者の深い意図を感じるようになりました。
 そんなことで、鳥の名前をもっと知りたいなと思っています。
 鳥の名前を知ることと星の名前を知ることは似ているところがあります。星の名前を全く知らないで満天の空を見上げるのも乙なものですが、名前を知ってから見るとその星と対等にお話しができるように感じませんか。
 「○○さん」とお声かけしたほうがいいに決まってますものね。
 鳥たちと話ができる日を目指して、今はまず鳥たちの鳴き声を聞き分けられるようになりたいです。
 バードウイーク。
 私達と同じように子育てに精を出す鳥たちが愛おしいことです。

芍薬の花

f:id:snowrumirumi:20210510151136j:plain


 最北の地、稚内でやっと桜が開いたそうです。南西諸島から始まった桜前線もようやくその任務を終えたようです。
 旧暦では、明後日から4月。夏が始まります。北の国ではこの日を待ちかねたように、一斉に花が咲き始めて大地にカラーが溢れます。”一斉に“というところが味噌ですね
 一斉にハイスピードで繰り広げられる絵巻物を見損なわないようするのはどんなに気の焦ることかと心配するのは大阪人の老婆心。何のことはない、一目で納めきることができる春が北に住む人の醍醐味ではないかと思い改めたりしています。関西の春などスローモーション過ぎて、かえって食傷されるかもしれませんね。
 このニュースを聞いて直ぐに思い出したのは、ターシャチューダーさんの庭です。写真集で一番美しいページはなんといってもこの季節です。
 ターシャさんご自身もこの季節が好きと書いておられたように記憶しています。
 そのターシャさんのお気に入りのお花に芍薬があります。この小さな蕾の中にどんなふうに折り畳めばこれだけの枚数の花びらが開いてくるのでしょう。その不思議さはバラと同じです。女性的な美しさの中にある男性的な雄々しい生命力を彼女も愛して止まなかったものと思われます。
 散歩で真っ白い芍薬を見つけました。
 「立てば芍薬」ですから、すくっと立つ姿が芍薬の特徴です。
 根っこは漢方薬に使われています。補陰してくれますから、女の人ばかりではなく、山登りの男性にも愛用者の多い生薬です。
 以前、島根県大根島から芍薬の苗を送ってもらったのに、何事にも丹精込めることの出来ない私は枯らしてしまった苦い経験があります。その大根島は、今や牡丹でも有名な島です。
 「座れば牡丹」。牡丹皮は重だるい血行の悪い人に使われます。でも、血を動かす薬ですから、妊婦さんは禁忌です。
 「歩く姿は百合の花」。百合根は昔から滋養があるといわれてきました。乾燥する秋に活躍する補陰薬です。
ちなみに、ゆらゆら揺れる姿は自律神経失調症にみられますから、美女の例えとしては、あまり良い表現ではではないように思うのですが・・
 美しい季節です。
 どうぞ見て下さいとばかりに声をかけてくる季節に応えているうちに、いつの間にか自分が元気になっているとは妙なる天人相応です。

丹精

f:id:snowrumirumi:20210509152559j:plain


 「丹精」赤い色と気の集合。いのちそのものを表す美しい言葉であり、真心という丹精を込められる人を尊敬します。
 そんなに広くない菜園を何一つ気を抜かず、隅から隅まで少量、多品種でお世話されている方があります。
 イチゴは畝を高くして、防虫網をかけてありますから、寄ってくる蝶々は、あら?残念でした。
 玉ねぎが丸々太って、しかも兄弟がみな同じ大きさなんです。
 エンドウ豆はあと数日で収穫されてしまうかな。見事に鈴なりです。
 芋の苗は植えっぱなしではなく、藁をかけてあります。
 この人に育てられる植物は幸せだろうなと、通る度にご主人に心の中でお礼申し上げています。
 さて、何が起こってもビックリしないご時世ですが、とあるニュースを聞いたときには、さすがに悲しくなりました。みんな、どうしたの?
 それは、池江璃花子さんに、代表辞退と五輪反対をあなたから意見してほしいというメッセージが多数寄せられたという一件です。
 『荘子』の大意を福永光司先生が訳された言葉があります。
 「あらゆる境遇を自己に与えられた境遇として逞しく肯定してゆくところに真の自由がある」
 私の座右の銘です。
 辛かった自分をこの言葉がどれほど励ましてくれたでしょう。辛いけど、そこに埋もれず逃げずに肯定する逞しさが人生を一歩前に進めてくれます。
 池江璃花子さんも、これを体験されたはず。
 苦しいところからようやく光を見いだそうとしている、が、まだまだ油断できない。何とか強い自分を手探りされているところではないでしょうか。
 そんな人になんということを。
 コロナという境遇をみんなで受け止めましょう。
 『荘子』に「失敗しても後悔せず、成功しても得意がらない」とあります。
 池江さんもそのようにおっしゃっています。五輪に向けて頑張っているし、ないとなれば次を目指すだけと。
 応援団は、開催が叶って、みんなの勇気が爆発できることを祈るだけです。
 そして、選手だけではなく、誰も知らないところで懸命に準備なさっておられる人がいることも時には思いを致してみては如何でしょう。

みかんの花

f:id:snowrumirumi:20210508192213j:plain


 今一番の香りはみかんです。歩けば、爽やかな香りがあちらこちらから匂ってきます。
 毎年楽しみにしている香りは、やがて大きな夏みかんになるちょっと大きめの花(写真)です。まだ、2つ3つしか開いていないのに、風下に立って香りに包まれると安らぐことこの上ありません。
 
 『みかんの花が咲く丘』

「みかんの花が咲いている
 思い出の道 丘の道
 はるかに見える 青い海
 お船が遠く かすんでる」
 
 小学生の時、バス遠足の行き帰りに必ずこの3拍子に合わせて指遊びをしたものです。
 1946年に生まれた歌。戦後のどさくさの中で育つ子供たちに託す夢はこの平和な風景だったように思えます。
 明日、休校になるかもしれない不確かな日々を逞しくがんばる今の子供たちにも、こんな光景をプレゼントしてやりたいと心底願います。
 
 三番は、
「いつか来た丘 母さんと
 一緒にながめた あの島よ 
 今日も一人で 見ていると
 やさしい母さん 思われる」

 明日は母の日。花屋さんの前にずらっと車が並んでいました。みんな同じ思いで順番を待っておられるのですね。その気持ちはすでに届いていますよ。きっときっと。
 二、三日前、ラジオから流れてきた川柳がちょっと面白かったので、うろ覚えのまま披露します。
 「卒寿の人 お母さんと 呼んでいる」
 投稿者は入院中で、隣のベッドの九十代の女性が小さい声でお母さんと呼んでいた、というものでした。
 この句の感想を求められたアナウンサーの40歳代と思しき男性は「お母さんを懐かしく思って呼んでおられたのでしょうね」と応えられました。
 そうじゃないのでは、と私は思いました。もう残された時間のない人には、お母さんが迎えに来てくれているのが見えたのだと思います。あるいは、もう迎えに来てちょうだいと懇願されていたのかもしれません。
 そんなのへんかもしれませんが、その時はそんな感想を持ちました。
 いのち長らえると、自分で出来ないことが増えたり、周りに迷惑かけたりと大変なことも多いですが、若い時とは違う見方や味わい方を享受できることが幸せです。

直感力

f:id:snowrumirumi:20210507180655j:plain


 いつも仕事でお訪ねする老人施設。その周辺に広がる空は大きくて広くて高くて、雲は鳳凰のように飛んでいます。晴れた日は、仕事に来たことも忘れて、まずは見上げてその美しさを写真に収めたくなる場所です。
 近くに第二十五代継体天皇陵墓があるからかしら。場所が美しいから選ばれたのか、お墓を作ったから美しい場所になったのか。などと、常々思いをめぐらせていました。
 そうしたら、先日散歩の途中で、この施設の前の道が『雲見坂』と名付けられていることを知りました。しかも、最近の開発で付けた名前ではなく、ずっと古く奈良時代から、この場所で雲を見て風を読み戦いの吉凶を占ったとあるではありませんか。
 私がここはきれいな空だなと感じたことが、大昔の人と同じ思いであったことに心躍りました。そうなんだ。昔の人と同じ感覚を自分も持っている、そのことに興奮したことでした。
 古代人の直感力は恐ろしいほどです。科学の裏付けもなしに、直感に頼って物事を見抜き、そして、連想します。
 例えば、「あり」は一日中忙しく歩き回っています。だから、足が痛い人に飲ませたら歩けるようになるかもしれない、なんて誰が考えついたのでしょう。
 「蝉の抜け殻」は暑い夏の盛りに本体を守っているから、きっと冷ます作用があるはずだ。「ミミズ」は狭い土の中をグングン進むことができるから、詰まっているところを通す働きをしてくれるのではないか。
 他にも、『鹿茸』は生え替わる鹿の角の成長が早いから、『冬虫夏草』はその希少性と奇妙な姿形から、それぞれ強壮作用が期待できそうだ。
 などなど、本当によく考えつきます。古代人の確かな直感に見いだされたおかげで、これらは漢方薬として今も使われています。
 嘘みたいな思いつきから意外な発見に繋がるところは、ノーベル賞受賞者のお話と共通するところがあります。どちらも、まずは、直感で思いつくことから始まるのですね。
 そして、その直感は単純な方がよいと思わせる伝承もあります。
 古代人は赤い色から血を連想してしていろんな場面に応用しました。生きるエネルギーは真っ赤に燃える赤い色の中にあるという稚拙そうでいて壮大な思いに感服します。
 不老不死の丹薬として使った水銀は赤色でしたし、霞を食べたという仙人は明け方と夕焼けの空の赤い色からいのちをいただいたと言います。
 それはちょっとと思われる方も、彼等が生きることに真剣であったことはおわかりいただけるのではないでしょうか。
 古代人の直感力のしたたかさは、私達の中にも必ず内蔵されているはずです。
 シンプルで素直な直感がいのちを健やかにします。
 元気で過ごせる人は、此処は気持ちいいなぁとか、これは美味しそうだなぁ、空気が美味しい、いい匂い~、と感じられる人だと思います。
 直感力、大切にしたいものの一つです。