こころあそびの記

日常に小さな感動を

菅さんのお手紙

 

 友に贈る言葉のお手本を見せていただきました。この弔辞を聞いていた日本人の多くが涙ぐみ、そして温かさを受け取ったことでしょう。

 読後、式場内から自然発生的に拍手が湧き起こり、それまでの静けさが破られたことは、いかに人々を感動させたかの証であります。

 涙していたら、リビングでテレビを見ていた娘が涙声で「菅さんの話、よかったね」とやってきました。安倍さんが思い描く若人の時代がすでに始まっていることを、私は常々感じています。

 昨日の言葉で、若人が自分たちの時代の希望と勇気をあらためて実感してくれたのではないかと、菅さんの伝達力に敬服した次第です。

 明るい未来へ導いてくださいましたこと、ありがたく感謝しています。

 

 

 こんな素晴らしい文章。

 お手紙を書くときのお手本にしたくて、文字おこししてみました。

① 7/8。同じ空間で同じ空気を共にしたいと、現地に向かったこと。

② 蝉はなりをひそめ高い空には秋の雲がたなびき、季節は歩み続けている。でも、私は口惜しくてたまらない。なぜ、いのちを失ってはならない人から生命を召しあげたのかと。

③ 安倍総理。ご覧になれますか?たくさんの人々が集まってくれています。あなたが、希望を持たせたいと念じた若者も大勢見送りに来てくれました。

「日本よ、日本人よ。世界の真ん中で咲き誇れ」というあなたの口癖が、若人に広がっている。

 歩みを共にした者として、これ以上嬉しいことはありません。

⑤ 平成12年。北朝鮮に米を送ることに大反対をぶちまけた私に、すぐさま電話をかけてきて、「拉致被害者を取り戻すため、一緒に行動してくれたらうれしい」と言ってくれました。

 その真っ直ぐな目、信念を貫こうとする姿勢に打たれ、この人こそいつか総理になる人と確信したのです。

 私が、生涯誇りとするのは、この確信が一度として揺らがなかったことであります。

⑥ 持病悪化で退いた後、二度目の自民党総裁選への出馬を迷っておられたあなたを、銀座の焼鳥屋で説得した日。三時間後にようやく首を縦にふってくれました。

 菅義偉は、このことを生涯最大の達成として誇らしく思います。

⑦ TPP交渉にあたっても、前進してこそ活路が開けると、考えたあなたの判断はいつも正しかった。

⑧ そんな覚悟と決断の続く毎日にあっても、あなたは常に笑顔を絶やさなかった。いつも周りの人に心を配り、優しさをふり注いだ。あなたと苦楽を共にした7年8ヶ月。私は幸せでした。

⑨ 衆議院議員会館1212号室。読みかけの本は『山県有朋』(岡義武著)でした。マーカーが引かれたこの歌ほど、今の私自身の思いを詠んだ歌はありません。

 「かたりあひて尽くしし人は先立ちぬ 今より後の世をいかにせむ」

⑩ 深い哀しみと寂しさを思います。

 総理。本当にありがとうございました。どうか、安らかにお休みください。

 

 菅義偉さん、ありがとうございました。

 菅さんのまごころは安倍総理に届いたことを確信しています。

『僥倖』に出会えて

 

 『僥倖』。

 朝から輝く言葉を教えてもらいました。朝刊の『朝の詩』の題名です。

 見れば、作者は92歳女性とあります。

 夜明けに対面する喜びは体の中からわき上がってくるもので、古来、その時間帯の静寂を愛する人は数知れないことです。

 

 「朝焼け」は夏の季語であるのは、起き出す時刻と関係があるのでしょう。夏の朝は人も太陽も早起きです。したがって、朝焼けを見るチャンスが多かったと想像できます。

 しかし、これからの季節は、早起きすれば、真っ暗です。漆黒の空に星々の輝きが増す時間です。

 

 

 この詩の作者は午前4時半に家を出たと書いておられます。

 投稿してから、採用されるまで時間の時間を考えると、5時過ぎに日の出を迎える8月頃のお話なのでしょうか。

 「東の山端が燃える」様子を、本当に美しく詠んでおられます。

 この時間帯が好きな私は、彼女と一緒に夜明けを待っている気分に浸ることができました。

 暁、東雲、曙、黎明、払暁など、明け方を表す言葉のなんと多彩なことでしょう。

 「彼者誰」と書いて”かわたれ“。薄暗くて誰か見分けがつかない時刻を表す言葉にこんなのもあったのですね。

 “黄昏”(たそがれ)は「誰そ彼」からきた言葉とも。

 

 

 夜が明けていく時間帯にマジックアワーと呼ばれる、空の美しい時がやってきます。

 薄明です。

 地平線が徐々に姿を現すとともに、小さい星々が消えていきます。一等星が見えなくなれば、太陽が地平線まで上ってきた印です。

 そこから始まる一瞬をマジックアワーというのでしょう。直接の太陽光がない分、空も風景も美しくて、”魔法の時間”とはうまく表現されたものと感心します。

 

 「東の野にかぎろひの立つみえて

   かえり見すれば月かたぶきぬ」

 

 壮大なロマンは古代から繰り返され、人麻呂だけでなくすべての人に感動を与えてきました。

 

 ただし、この幸せを掴むことができるのは早起きが条件です。

 それさえできたら、「手に入れることが難しい幸せに思いがけず出会える」(僥倖の意味)ことでしょう。

 もうすぐ、人麻呂がこの歌を詠んだ季節がやってきます。

『天命の子』45話

 

 若い頃、外国映画といえば米国のものでした。

 それは、たぶんに西洋文化への憧れでありました。例えば、キッチンの色や大きさ、壁紙の模様、ベッドやドレスという見たことのない異文化を知る楽しみだったように思います。

 

 

 それが、この年になって、中国ドラマにはまろうとは、自分でも信じられないことになっています。

 その発端は、なんといっても大形先生に出会い、中国の歴史を紐解いていただいたからこそです。

 中国の歴史ドラマは、史実に基づく作りになっていて、私のような初心者の勉強を助け、壮大な歴史を少しずつ理解するのに役立ちます。

 

 とはいえ、足の引っ張り合い、妬み、裏切り、謀略など、大陸に繰り広げられるそれはスケールもでかく、島国日本には同じようなことがあったとしても、比べものにはなりません。

 

 古くから伝わっていた儒教は、江戸期の幕府によって採用されましたが、日本人が得意とする技で「日本仕様」になっていたため、染まりそうで染まりきらずに今に至っています。それは、日本には、神道や仏教も混在していたからです。すべてを受け入れてミックスしても混乱しない下地があるのが日本です。しかし、そこが、他国からみるとわかりづらい部分といえるかもしれません。

 

 

 今朝、『天命の子』の最終回を見終わりました。

 自分の子供を犠牲にしてまで、君主の子供を守り育てるお話でした。

 

 ラストシーンで、君主の遺児が育ての親から、人間として最も大切なことを説かれます。

 「樹をみてごらん。なにで立っている?幹だね。でも幹より大切なものは根っこだよ。根っこは土の中にあって、栄養や水を吸い上げている。それは、見えない働きだ。

 人間にあって、根っこは何だろう。それは、父母であり妻子だね。仁愛こそ、公の道理なんだよ」

 

 

 この話は『史記』にも登場する紀元前の出来事だそうです。

 科学技術の発達につれて、便利になり、一見美しくなっていく社会の景色に比して、人間の心の中はどうして変わらないのだろう。いつも、そんなことを考えてしまいます。

 社会が発達していくように、人間だって成長できたら、どんなにか住みよい平和な時代がやってくるはずなのに。

 いまだに、領土の取り合いに血道をあげる人類に、打つ手はあるのでしょうか。

 人間として一番大切なものに気がついた人が一人でも増えんことを。

どんぐりを拾いながら

 

 朝の光に誘われて、近所を歩き回ってきました。

 今日のお仕事は、犬の餌を買うことと、「修理できましたよ」と連絡をもらったリュックサックを取りに行くこと。そして朝の空気を胸に満たすことです。

 この三つ以外に心に引っかかりがないなんて、なんと幸せなことなのでしょう。

 

 途中、池のほとりの樫の木の下で、ポトリ!という音を聞きつけました。その間の取り方に余裕を感じるリズムでした。

 見つけたら拾ってしまうのは、古代に生きた証でしょうか。

 つやつやした見事なドングリを拾っていたら、「何してるの?」とおじさんが話しかけてきました。

 「あっ、ドングリか。気ぃ付けや。」

 斜面に這いつくばる老女を心配してくださったのですね。ありがとうございます。優しいお声掛けができる男性でした。

 

 『どんぐり』 

 どんぐり山で

 どんぐりひろて、

 お帽子にいれて、

 前かけにいれて、

 お山を降りりゃ、

 お帽子が邪魔よ、

 すべればこわい、

 どんぐり捨てて

 お帽子かぶる。

 お山を出たら

 野は花ざかり、

 お花を摘めば、

 前かけ邪魔よ

 とうとうどんぐり

 みんな捨てる。

 

 金子みすずさんの詩です。

 

 どんぐりを見つけたら拾いたくなる少女時代の童心は、誰でも、いくつになっても変わりないものです。

 

 

 人は、そうそう本質を変えられるものではないと思うのは、自分の経験からです。

 叩かれて凹んでも、踏みつけられてぐちゃぐちゃになって、もう自分ではなくなったと自己放棄したとしても、その実、裸の自分は幼かったときのままであることを何回意識したでしょう。

 そう思えた瞬間から、また立ち上がれるのです。自分の中にいる自分はちっとも変わらない。成長という経過とは無関係な自分です。

 

 世の中には、愛情表現が上手な人と、下手な人がいると思います。

 「愛」を持ってはいても、表現の仕方が分からないと云うのでしょうか。

 でも、どんなに下手くそでも、今、幸せだと心から感謝することができる人には「愛」があるといえるのではないでしょうか。

 次に生まれてくるときは、愛し上手になっていたい。それも、一つの目標です。

 

 どんぐりを拾いながら思ったことです。

丹波篠山行き

 

 今日は近鉄での大形先生の講座の後、受講者のお一人に丹波篠山に連れて行ってもらいました。

 彼女は隣町の丹波市に住まって、丹波布の普及に一役かっておられます。

 乗り鉄の私は大好きな篠山行きの電車に乗れることから興奮が始まりました。 窓の外に見える流れる雲や、刈り取り間近かな稲穂が旅心をそそります。

 友人まで私に同調してか、「こんな気分は初めて。いつも、まだこんな所かとため息つくのに、今日は旅行してるみたい」と、美しい秋景色を満喫してくれました。

 

 篠山到着後、まず訪れたのは『丹波篠山まちなみアートフェスティバル2022』です。

 黒豆やさんの店先で、燕市から来た銅職人が実演されていまして、彼が云うには、こういう街並み保存をしているところは多いけれど、ここは電柱もなくて、全国的に見ても優れていると思うと言ってくれました。

 そういわれると、来た甲斐があるというものです。

 移住の方も含めて、町には活気がありました。

 それは、彼らが必要とするものがここにあるからではないかと思います。

 大都会は何でもあるように見えて、このように何かをピンポイントで探している人にとっては、何もない町だそうです。

 自分が求めるものが決まっている人ってすごいなぁ。移住できるエネルギーを持つ人の、底知れないポテンシャルには驚くばかりです。

 

 

 篠山のポストはこんなかわいいお家に入っておられました。

 

 

 黒豆ソフトを食べたり、雑貨屋さんを覗いたり。

 

 

 丹波布作家さんのお店で、椿の実を見つけました。

 私は、仏壇に上げるお水入れに敷く、コースターを一枚求めました。

 「これは、何で染めてあるのですか?」

 「ドングリです」

 淡いピンクをかけたような褐色。

 ドングリに乗せてあげたら、父母も笑ってくれるかな?

 

 

 締めは「デカンショうどん」です。

 ただし、猪ではなくて、代わりに豚肉が入っていました。

 

 お能、織物、お城に街並みと、この町の民度が察せられるようなものが随所に散りばめられた静かな町でした。

 あぁ、楽しい半日旅行でした。

秋分の日

 

 今日は国民の祭日『秋分の日』です。「先祖に供養と感謝を捧げる日」として制定されました。

 昼と夜の時間が同じになる日。

 太陽高度が夏の頃より下がってきて、大気の涼しい日などは柔らかくなった光線を心地よく感じることができます。

 

 仏教では、この日を「彼岸の中日」とし、前後の一週間を「お彼岸」と呼んでいます。

 「彼岸」は西方浄土にあって、ご先祖様のいらっしゃるところです。

 秋分の今日。太陽は真東から上り、真西に沈みますから、この世とあの世が通じやすいとされました。先祖のことを想うにふさわしく、供養も身近に感じられたのではないでしょうか。

 般若心経に登場する「波羅蜜」は、サンスクリット語で「彼岸に至る」という意味であり、悟りの境地に至ることだそうです。

 お彼岸はその悟りの境地に達するための修行期間で、その間にする六つの修行が、「布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧」です。

 自己を再点検して、また歩き出す。そんな節目も太陽が与えてくれるものと考えると、太陽に無限の感謝を捧げたくなります。

 

 さて、最も古い中国医学の古典『黄帝内経』に、「秋は容平」と書いてあります。

 「容」という字を漢和辞典で引いてみました。

 「谷」は、あつめるの意。

 ウ冠は、家の屋根。

 物をあつめて覆うことが「容」の意味でした。

 

 また、「秋」はノギ偏の意味する「稲」と「火」からできています。

 稲を収穫して、太陽で乾かすときが秋という字です。

 

 どちらをみても、収穫の時であります。

 これらが教えていることは、秋は、収穫したものを仕上げたり、整理したりする季節です。

 新しいことを始めようとするのは、春夏の成長発散の季節にすべきことでした。

 自然が収斂していくときに、自然に逆らって発散することはよろしくありません。

 最高の養生法は「自然と調和して生活する事」に尽きます。

 新しいことを始めるのは来春を待ちましょう。

 

 

 最後に、秋はゆったり過ごすことが大切です。これは、どの季節にもいえることですが、秋には特に大切なことなのです。

 秋は下心を付ければ、「愁い」です。

 内向きになりがちな心を開く方法は、寝過ぎないこと。早寝早起きして、体を動かすことです。

 動くことで「気」が巡ります。

 美味しい収穫物をいただいて「気」を作り、散歩して「気」を巡らせる。

 この好循環が健康をもたらしてくれます。

秋支度

 酔芙蓉。

 朝、真っ白に咲き始めて徐々に色づき、夕方には紅色に染まります。

 たおやかな名前とはうらはらに、生命力が凄まじい樹木です。毎年、咲き終わったら、地面近くまで枝を伐採してしまうのにぐんぐん伸びて蕾をたくさんつけます。咲かしてやる!という声が聞こえてきそうなたくましい木です。

 

 

 今朝のグレートトラバースで、岩手県の「姫神山」が紹介されていました。

 啄木はこの故郷のことを数多く詠んでいます。

 「目になれし山にはあらねど

   秋来れば神や住まむと

      かしこみて見る」

 自然が収束に向かう秋は、なぜか人の心も内省的になります。

 春の希望でも、夏の発散でもないことに、人と自然が連動していることを感じます。

 高く澄み渡る空の果てにある山が、いつもより神々しく見える。そんな感性を啄木に学びました。

 

 

 今朝の大阪の気温は20度を下回り、上着を着て丁度よい涼しさでした。

 寒さを感じ始めると、何がしたくなりますか?

 去年のブーツを履いてみる。

 コートを出す。

 こたつの準備をする。

 冬布団や毛布の点検。

 あれもこれもという忙しさの中で、束の間のティータイムにはホット紅茶を淹れたくなりませんか?

 紅茶は温性です。気温が下がると、自然に体が要求するものに変化が出てきます。そこに、シナモンや生姜など温性の食材を加えるとより効果的でしょう。

 ところで、体が外気温の変化に即応するのは本人が意識せずともなされます。

 寒いと思えば汗腺を締め、暑いと感じたら汗腺を開くというように。

 命令もしないのに、人知れず秋バージョンに変化してくれている体を認めることが、いのちをよろこばせることだと思います。

 サプリメントの足し算なんかより、体にとってはるかに嬉しいご主人様からのほめ言葉。

 私を見て!は、生きとし生けるものに共通の欲求であるところが可笑しくもあります。

 

 

 涼しくなると、私は毛糸玉を抱きたくなります。

 夏から編み始めたら焦らずにすむのに、秋の入り口に来て、ようやく重い腰を上げます。

 何を編むかはどうでもよくて、とりあえず、ターシャさんの真似をして毛糸玉をそばに置いて、暖かい気持ちになりたいだけなんです。

 当節は、YouTubeという便利なものがあるので、動画を見ながら直ぐに編めてしまいます。

 

 

 今年第一号は帽子です。数時間で完成しました。

 毛糸の帽子は、さすがにまだ被れませんが、被れるようになる日は、直ぐそこに。

 楽しみだなぁ。冬よ来い!早く来い!