こころあそびの記

日常に小さな感動を

春先の養生

 

 週一回の安野光雅さんの『洛中洛外再び』を楽しみにしています。生前に掲載されていたものを、読者の希望に添って再度掲載されているようです。

 安野さんが育った津和野の町は今も人気のある場所です。そのわけは、土地の文化度の高さにありそうです。

 なるほど、彼の絵にはその洗礼を彷彿とさせるところがあります。

 

 先日は、「ゆず」。紙面を開いた途端に香ってくるような、さわやかさを感じました。

 絵に添えられた文に、「おいしくてゆずを絞って飲んでいる」とあります。酸っぱさが伝わってきそうですが、彼にはおいしい味だったのでしょうね。

 

 

 酸味。といえば、春と関係の深い味になります。

 五行では春、肝が旺盛になるといわれる季節です。

 この季節、スーパーにはりんごに代わって、黄色くて大きな柑橘類が売り場を占めるようになります。

 八朔、伊予柑。甘夏、日向夏なども遅れて登場することでしょう。

 そこに、自然の循環の確かさを感じます。

 

 春は、ぼーっとのぼせを感じたりします。ふわっとした浮遊感が春という季節の特徴です。

 ふわふわどこまでも旅に出るわけにはまいりません。そこで必要なのは、踏みとどまらせる収斂力です。

 キュッと引き締めてくれるのが「酸味」。嘘!ではありません。梅干しを想像してみて下さい。ほら、顔をしかめたでしょ?

 酸味は収斂作用を持ち、どちらかというと冷やします。

 

 お酢を摂りすぎることは、収斂して冷やすから、胃をいためるのもうなづけるところです。(肝と胃は相克の関係)

 

 

 この季節、「いややね、花粉が飛び始めたらしいよ~」という会話を耳にします。

 「早めに薬もらいにいくわ」と続きます。

 ちょっと待って!

 花粉という異物が鼻に侵入したから、洗い流すために水洟が垂れるのではないのでしょうか。

 つまり、健康な生体反応だと思うのですが、いかがでしょう。

 

 それを分かった上で服薬に進んでいただきたいと考えます。

 

 

 そして、薬(クスリ)はリスクを孕んでいることも知っておくべきです。

 たとえば、皆さんが水洟が出るからと繁用される「小青竜湯」。

 

 この薬の中には酸味の生薬が入っています。酸味で収斂することで、水を止めます。

 ところで、そもそも、なんで水が垂れてくるのでしょうか。

 それは、体の中に余分な水が溜まっているからという、いとも簡単な理屈です。

 寒さで、不感蒸泄すべき汗腺が閉じて、その結果、水は行き場をなくします。それらが、鼻水となって排泄されるのです。

 少し前に、牛乳を飲んだら身長が高くなるという都市伝説が流行りました。その頃、アレルギー性鼻炎が多発したのは、水分の摂りすぎに原因がありました。牛乳を止めたら、改善したことから、過ぎたるは及ばざるがごとしを思い知ったことでした。

 

 つまり、鼻水は水分の滞留で、その原因は体が冷えていることが原因です。

 

 だから、先ほどの「小青竜湯」は、収斂以外に温める作用を持っています。

 温めることで、症状が改善します。

 肺を冷やさないためには、鼻柱にホットタオルを当ててみたり、マスクを付けておくのも補助効果があるかもしれません。

 

 

 自律神経には、戦闘的な交感神経と、休息の副交感神経があります。

 交感神経が興奮すると、体は熱くなります。

 起床時に出ていた鼻水も、会議中には忘れているといった経験はありませんか。

 交感神経が興奮して、温かくなったから、鼻水は止まったのです。

 

 だから、「小青竜湯」の二つ目の作用は、交感神経を興奮させることです。

 交感神経の興奮は、血圧や血糖値、脂肪代謝など様々に影響を及ぼします。

 それを知ったら、ダラダラと続ける薬ではないことがお分かりいたたけるかと思います。

 

 

 立春とはいえ、名のみの春です。

 体は、冬仕様のままで、本格的な春を待っている状態です。

 長い冬を過ごしたおかげで、体は、自分が思う以上に冷えていることでしょう。

 鼻炎を起こすということは、そういうことです。だから、この季節の養生は温かくすることです。

 春色のオシャレはもう少しお待ちくださいね。

 抗アレルギー薬を飲もうとしているあなたのことですよ。

大丈夫!

 

 BS「ガイロク」という番組の面白さは、市井に懸命に生きる人の話をゆっくり聞かせてもらえるところです。

 同じように息を吸って吐いて生きているように見えるのに、それぞれが違うお話をされます。もう、何年も放送されているのに枯渇しない様々な体験談を、一緒に泣き笑いしながら聞かせてもらっています。

 

 

 お話のテーマは毎回、「人生のピンチ」です。

 今朝のお二人。

 お一人目。コロナの自粛で体調を崩してしまわれた女性です。辛抱できず、心療内科にかかったとき、ドクターの「あなたみたいな人、多いんだよ」という一言で、気持ちがうんと楽になったそうです。

 二人目は、ご主人が突然、脳梗塞で倒れて、治る見込みがないと宣告されたとき、友人が「大丈夫、大丈夫と思ってたらいいよ」と言ってくれた。そう思って毎日過ごしたら、本当に主人も元気になった、というお話。

 

 私たちは、戦後教育で、理詰めで物事を解決することを教えられてきました。

 でも、このお二人は理屈ではない、雲を掴むような言葉で、自分が蘇ったという体験を話して下さいました。

 

 

 人間は機械ではない。見えない力のおかげも頂きながら生きていることを、ピンチの時には特に感じます。

 行き詰まりは息詰まり。そうならないように、気をつけて過ごしているつもりでも、自分が煮詰まっていることをもどかしく思うことがあります。

 

 

 そんな気分からの脱出に効く特効薬は外に出ることだと、今日の空を見た瞬間に思いました。

 

 春立つ日雲の貌までやわらかく

 

 空に浮かぶ雲がやわらかくなっていたのです。それを見たとき、ピンチを越える極意は、此処にあることを実感しました。

 それが、どんな時かといえば、心が自然と歩調を合わせて互いに溶け合っている時といえるように思います。

 

 

 気をつけているつもりでも、心が煮詰まることがあります。特に何があったわけでもないのにです。

 そんな自分を解き放つために自然が存在しています。

 空を見て、花を見て、鳥を見ているうちに、気分がニュートラルにもどっていることに気づかされます。

 大丈夫!と、励ましてくれる自然です。

立春大吉

 

 

 兵庫県立美術館に行ってきました。

 小磯良平さんの『斉唱』。六甲アイランド小磯良平美術館で見て以来、何十年ぶりの再会でした。

 もっとも今日のお目当ては、梅舒適さんの収集された書でした。篆刻という字は、まだ紙のない時代のもの。エジプトのヒエログリフのように、私には絵にしか見えません。

 でも、美しい篆刻の文字が並んでいるのは圧巻でした。

 

 

 ところで、見なかったことにしようと出かけてしまったのですが、あっという間に机の上が山積みになるので困っています。これは、常に整頓することを習慣にしてこなかった自分のせいです。

 なのに、雑然としてくると、落ち着かなくなるのはどうしてでしょう。

 ひょっとしたら、この国の住民を長くやってきたからかもしれません。

 

 

 春になれば、田圃に水が引かれて、それこそ縦横に一糸乱れず早苗が植え付けられます。そよ風に吹かれ、同じ方に傾いていても、その隊列は乱れることがありません。

 

 そして、家の中では畳と障子と襖が生活の場です。

 舞台裏はお見せできないにしても、一たび客を招き入れるとなったら、てんやわんやの大騒ぎ。いつもこうです、みたいにお座敷然に整えるのです。

 

 

 かように、目に映るものを美しく整然とすることを心がけてきた民族です。だから、乱れたものに少なからず嫌悪感を持つ。それが日本の文化なのでしょう。

 

 今、その文化にさざ波がたっています。

 卒業式のマスク問題です。

 感染云々ではなく、みんなが一様にマスクを付けていることが、美しいと考えてのことでしょう。

 全員揃ってのマスク姿が、お式の厳粛なムードの演出に欠かせないのはわかります。

 

 でも、そんなマスクごときで、いざこざが絶えないことが悲しいです。

 大臣が家庭で決めてくださいと言っただけで大騒ぎになったり、今日も美術館で男性が受付でもめていたのは、マスクのことでした。

 いつまで続くのでしょう。

 

 コロナは統制を教えたのではなく、自分のことは自分で決めることを教えてくれたように思っています。

 そういう意味で、ひとりひとりに内なる小さな革命が起こっているはずです。

 この騒ぎもいずれ落ち着きます。

 その暁には、コロナのおかげで自分の中で何かが変わったと思えたら、この騒動の意味があったことになります。

 

 

 世の中ががらっと変わる時。そのすべてを見ることは叶わないにしても、入り口に立って、今、その渦中に生きていることに内心ワクワクしています。生き証人になれるかもです。

「節分祭」

 

 今日は「節分」です。

 季節を分ける日。一年に四回あるはずですが、冬から春への転換は人の心に及ぼす影響力が強かったせいか、「節分」といえば、立春前日のイメージがあります。

 

 この日は、鬼が大活躍します。

 娘が勤める保育園でも鬼さんが出るようで、「今日に限ってこわがりの子ばっかりやん」と出勤していきました。

 

 

 さて、なぜ節分が鬼退治の日になったのでしょう。

 平安時代、朝廷の年中行事に「追儺式」がありました。

 文武天皇の御世に、疫病が流行って多くの犠牲が出たために、鬼やらいを始めたそうです。

 

 それは、「周礼」という紀元前に書かれた儒教経典の一つに載っている行事を起源としています。

 

 「方相氏掌蒙熊衣皮黄金四目玄衣朱裳執行戈揚盾」

 

 先頭に見える「方相氏」とは。

 手を熊の皮で覆い、金色の四つ目、黒い衣と赤い裳を着け、戈と盾を持っていると書いてあります。

 方相氏はまず大声を出し、戈で盾を三回打ち鳴らします。

 そして、桃の弓で葦の矢を放ち、桃の杖で大地を叩きます。

 

 何をしているの?

 すべては、鬼をはらうためになされる所作です。鬼は驚いて退散するというわけです。

 

 平安末期には衰退したものの、江戸時代には、民間で復活しています。

 今でも、尖った柊の葉に、ごまめの頭を付け入り口に挿しておられるお宅を見かけます。

 鬼の目を突く仕掛けで、鬼の侵入を防ごうとする仕掛けです。

 屋内では、柱の陰などの暗闇を照らし、明るくしてお香を焚いて節分の夜を過ごします。

 

 

 古来、人間は暗闇と邪気を恐れてきました。

 大寒の最後夜は、一番深い陰の時間です。真っ暗闇に乗じて、忍び込んで来ようとする邪気を払おうと考えた人々の願いは今にも通じるものです。

 コロナ禍の今だから、昔の人の思いは痛いほどわかります。

 だから、「節分祭」は午後に行われたり、神社によっては、暗くなってから執り行われます。本当は日付が変わろうとする「戌の刻」に行うべきところ、安全のために設定したものと思われます。

 

     

 

 最初に上げた「方相氏」。

 夜間に京都まで行けないなぁ、と調べたら、なんと、我が家からは今年の恵方に当たる「春日神社」で見られるとあるではありませんか。

 疫病ばやりの今。昔の人と気持ちを同じくして追儺に参加したいと思っています。

『動的平衡』と漢方

 

2025年開催予定の関西万博のパビリオン建設費の抑制ニュースで、ひさしぶりに福岡伸一先生のお名前を伺いました。

 彼が一つのパビリオンの主でいらっしゃることを知らなかったなんて、ファンとしては誠にお恥ずかしい次第です。

 万博テーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」に合わせて、8人の今をときめくリーダーが、パビリオンを受け持たれています。

 その中で福岡伸一先生のパビリオンテーマは「いのちを知る~いのちの あり方について考える~」です。

 

 

 福岡伸一先生が常に発信されているのは、『動的平衡』です。ご本の帯に書かれている要約は、「生命とは、絶え間ない流れの中にある動的なものである」ということです。

 漢方に携わる者にとって、こんな頼りになる理論はありません。しかも、最先端の科学者が力を込めて放って下さっているのです。

 頭がわるいので、福岡先生の説の半分も理解できていませんが、初めて『動的平衡』を読んだとき、これは、漢方が昔から唱えていることではないかと、最新科学との接点をうれしく思ったことでした。

 

 

 漢方は、日本あった和法に中国伝来のもの、さらにはペルシャあたりからシルクロードを通ってもたされた医学にも影響を受けています。

 だから、漢方は壮大な思想といえます。

 

 ところで、「動的平衡」のどんなところが、福岡先生との接点と私が考えているかというと。

 

 漢方に、木・火・土・金・水と五行に集約整理して考える方法があります。

 一つのエレメントが別のエレメントに促進、助長的に働けば「相生」。

 一つのエレメントが別のエレメントに抑制的に働くときは「相克」といいます。

 たとえば、木が燃えて火になる。これが「相生」。

 ストレスを感じた肝臓(木)が、胃腸(土)を傷めるのを「相克」といいます。

 

 五行の各行が助け合ったり、ストップをかけ合いながら、身体全体として健全に機能するようになっています。

 漢方の要諦で一番大切なこと、それは「中庸」です。

 喧嘩して、誰かが威張り散らすというのは、バランスを崩します。

 そんなんしたらあかんよ!と諫める機能が働くところに生命の不思議があります。

 体の中の調和を図ってくれている機能。それが、「動的平衡」だと思って、福岡先生のお考えに賛同しているわけです。

 

 

 今日、健康に過ごせているのは、数えきれない見えない力のおかげだと、漢方をかじればわかります。

 体内の「動的平衡」を維持してくれているとてつもない大きな力と言い換えることも可能です。

 だから、福岡先生の「動的平衡」と漢方を知った人は、いのちに対する考え方を一段階アップできるように思うのですが、いかがでしょう。

 

 そういえば、先生の最近のお言葉にこんなのがありました。

 「動的平衡は、準備された心にのみ降り立つ」

 はてさて、心の準備はできていますか?

『信』の点検

 

 朝の寒さにふるえあがり、ダウンを着て散歩に出てしまいました。あつくて往生したのは、予報を信じなかったせいではなくて、ただのズボラです。

 目には見えないゆっくりとしたスピードで、やわらかかった日差しに勢いが戻ってきました。

 

 

 今朝の朝刊の「今日の占い」は「安易に人を信用しないこと」でした。

 『信』は私の好きな字です。相手がどうであれ、自分は出会った何かを素直に信じられる人でありたいと念じています。

 ですから、今朝の占いの言葉にはちょっと引いてしまいました。

 

 

 ところで、同じ「信」のつく熟語に「信頼」があります。

 この言葉は憲法前文を暗記させられた学生時代、穴埋め問題の定番でした。

 

 「諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」

 

 難しい議論は、憲法学者や政治家のの皆さんにお任せして、庶民の生活に当てはめて考察してみると。

 

 

 私が子どもの頃は、対面販売でした。お金と引き換えに、買い物かごに店の人が商品を入れてくれます。それで、商いは成立していました。

 それが、今や、棚から勝手にピックして、セルフレジで清算するシステムに変貌を遂げています。

 この変化を支えているのは「相互の信頼関係」しかありません。

 民度が低い間は不可能です。互いの「信頼」度が向上したから可能になったシステムです。

 

 先日の留学生も、日本の「回転すし」に、興味深々でした。

 「こんな光景見たことありません」と。

 店と客との間に揺るぎない「信頼」があってこそ成り立つ形態だから、成熟した社会にならないとできないのです。

 ところが、最近、それを覆そうとする輩が横行しているといいます。恥ずるところはないのでしょうか?

 社会で生きていく上で、信用はとりわけ重要なファクターであることは、大昔から不変です。そこを崩して、この先どうやって世間に顔向けできると考えているのでしょう。

 甘い処分では納得できないという意見が多数を占めているのも仕方のないことです。

 

 

 翻れば、若いエネルギーの発散は、いつの時代にもありました。

 学生運動、暴走族、学校の荒廃。朝、学校に行ったら、黒板がない!あらら、プールに浮いていた。なんて話も笑い話のように伝わっています。

 そのたびに、ルールを厳格化して凌ぐものの、整備するほど、行き場をなくしたエネルギーが思いもよらない形で噴出してきます。

 

 別件では、ムカつくからと、走行中の車の前に出た暴挙もありました。自動車学校でいの一番に教わった言葉を覚えてないのでしょうか。

 「交通は信頼関係で成り立ちます」

 赤信号側が止まるから、青信号側が安心して横断できるのです。

 その大前提は一人一人の「信」にかかっています。

 

 

 路上にツバを吐く人がいた時代に戻りたくありません。みんなで清潔意識を共有したら、こんなに美しい景観になったではありませんか。

 民度が高いことは、日本の誇りです。

 心荒まないように暮らしたい。みんなが、そう願っていると信じています。

水鳥に誘われて

 

 芦原公園に鴨たちを見に行ってきました。

 オオバンキンクロハジロホシハジロなど千里川では見られない鳥が、池を周遊しています。

 明日から2月。

 彼らの旅立ちも近くなりました。そう思うと、名残惜しくて、何度も足を運びたくなってきます。

 楽しませてくれてありがとう。

 

 

 今日はカイツブリを見かけませんでした。

 別名、鳰(にお)です。

 琵琶湖のことを鳰の湖というのは、水に潜ったり浮き上がったりするカイツブリが年中見られたからでしょうか。

 ちなみに、「鳰」は国字です。水に入るとは、この鳥の特徴をうまく表現していることに感心します。

 

 小学生の頃、琵琶湖畔にある「立木観音」というお寺に、毎年お詣りしていました。なぜ、そこでないとだめだったのか。今では、知りようもありません。

 八百段の階段が続いて、しんどいお寺参りでした。

 登りきった本堂からは、きっと美しい琵琶湖が眺められたのでしょうが、そんな余裕もない子どもでした。

 今年は、開山された弘法大師さまが生誕されて、1250年の年だそうです。   

 お大師さまが拝める日があるとのこと。行って、「立木観音」から琵琶湖を眺めてみたいものです。

 琵琶湖を眺めるといえば、数年前、長い階段で有名な「長命寺」から琵琶湖を臨んだことがあります。その時はバスガイドさんに促されて見たような。

 それは、随筆家・白州正子が、この「長命寺」から見る琵琶湖を絶賛していると知ってのことではなかったかと、今にして思います。

 

 

 雅な京都でもなく、渡来文化の奈良でもなく、港町神戸でもない、滋賀という場所。

 「なまじ発展しなかったために、古いものが古いままの形で遺っている」と、滋賀をこよなく愛した白州正子が書き残しています。

 東海道新幹線の駅がない県として、いつも話題になります。それが今に始まったことではないから、滋賀県は静かに熟成したといえないでしょうか。 通過県であったことで、毒されなかったことは、かえって、ありがたいことだったのです。

 自然が遺ったことで、その中に宿る気配は畏怖を感じさせる形で今もあるといいます。

 山、水、神、仏。

 すべてがおわします。

 

 

 白州正子さんのエッセイを手引きに、ゆっくり周りたい琵琶湖周遊です。ついでに、彼女の書に登場しない湖北の水鳥に会いたいなぁ。

 

 かいつぶり残照の波に紛れたり